クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > 車売却・査定 > 車の買取相場を匿名で知る方法を徹底解説!おすすめの調べ方とは

車の買取相場を匿名で知る方法を徹底解説!おすすめの調べ方とは

匿名で愛車の買取相場を調べたいけれど、どのような方法があるかわからずに困っていませんか?この記事では、匿名で車の買取相場を調べる方法とおすすめのサイトをご紹介します。この記事を読めば、匿名で買取相場を知る方法がすぐにわかり、最も高額で愛車を売却する方法がわかります。

匿名で相場価格を調べる方法は3つ

結論、匿名で愛車の買取相場を調べる方法は、3つあります。

まず最初に、匿名で愛車の買取相場を調べる際のメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット
  • 個人情報を一切開示しなくていい
  • 面倒なやり取りが一切ない
  • 無料で利用できる
デメリット
  • 正確な買取金額ではない
  • 自分の愛車と同じ条件の車が見つかりにくい
  • 最終的な手続きは匿名で行えない

つまり、個人情報を流さなくてもいい代わりに、ざっくりとした査定額しか知ることができません。実際に買取をしてもらいたい場合には、結局は自分の住所や所有車に関する詳しい情報を業者に共有する必要がでてくることを認識した上で、その事前準備として査定相場を自分で調べる方法をみていきましょう。

紹介するサイトそれぞれにデモ動画を掲載しています。今回はホンダ N-BOXで全て検証してみましたので、是非参考にしてみてください。

方法①:メーカーの下取り参考価格シミュレーションを活用

自動車メーカーが提供する「下取り参考価格シミュレーション」は、個人情報の入力が一切無いものの、買取価格が低いことが想定されます。

なぜなら、ディーラーでの下取りを前提としているため、買取価格が低めの可能性が高いからです。

「相場シュミレーションサイト」とは、現車の車種や年式を入力するだけで簡単に買取相場を提示してくれる便利なサイトです。

いくつかあるサイトの中でもおすすめしたい、トヨタ社の提供する下取り参考価格シミュレーションサイトで実際に2020年9月時点軽自動車新車販売台数ランキング1位に輝いたホンダ N-BOXの下取り価格を調べてみました。

こちちらのスペックで下取り相場を調べてみた結果と感想を下記にまとめました!

ホンダ N-BOX

年式:2018
走行距離:〜4km

調査結果

下取り参考総額 830,000円

メリット

  • トヨタ以外の国産車も検索できる
  • 個人情報の入力が一切必要無い
  • 何度でも調べられる

デメリット

  • 情報量が少なく精度がやや低い
  • 調べられるのは国産車のみ
  • 下取り前提のため買取価格が低め
トヨタの「下取り参考価格シミュレーション」を使ってみる

方法②:中古車価格から査定相場価格を計算

中古車の販売業者サイトから買取相場を検索すると、精度の高い買取価格を推測することができます。

なぜなら、あなたの愛車の状態と近い中古車が見つかる可能性が高いため、想定される買取価格の目安がわかるからです。

中古車の販売業者サイトでは、現車のメーカー・車種・年式・走行距離などを入力するだけで、全国の中古車買取データをもとに、査定相場を算出してくれます。

ただし、サイトで確認できるのは中古車の販売価格のため、そこから2~3割引いた価格が査定額の目安となるため、注意しましょう。

メリット

  • 精度の高い売却相場が推測できる
  • 無料で査定できる
  • 買取業者から営業される必要が無い

デメリット

  • スマートフォンで利用できないサイトもある
  • あくまで買取相場は目安である
カーセンサーの「中古車検索」を使ってみる

方法③:JAAI(日本査定協会)で査定申し込み

個人情報を入力する「JAAI」を利用すると、最も正確な査定価格を知ることができます。

個人向けに車の査定を行うサービスのため公正な査定価格がわかる上に、買取業者ではないので営業をされることもありません。

ただし、有料で利用するサービスとなるため、注意しましょう。

  • 金額:7.040円(出張査定は別途4,000円前後が必要)
  • 所要時間:30分前後
  • 方法:「JAAI支所への持ち込み」または「出張査定」
JAAI(日本査定協会)を使ってみる

おすすめ相場シミュレーションサイト3選

ここでは、おすすめの相場シュミレーションサイトを厳選して3社ご紹介します

①ナビクルの「買取・下取り相場」

結論、ナビクルの「買取・下取り相場」は、グレードなどの情報も細かく入力できるので、あなたの愛車の買取相場を具体的に推測することができます。

さらに、買取相場と下取り相場どちらも確認することができるので、買い替えを想定している場合におすすめのサイトです。

メリット

  • 買取相場と下取り相場どちらも見れる
  • 個人情報の入力が一切必要無い
  • 何度でも調べられる

デメリット

  • 情報量が少なく精度がやや低い
  • 国産車しか調べられない
ナビクルの「買取・下取り相場」を使う

②ガリバーの「中古車買取相場」

結論、ガリバーの「中古車買取相場」は、中古車の販売台数No.1という豊富な実績のもと、あなたの愛車に近い状態の車を見つけやすく、具体的に買取相場を想定できるサイトです。

ただし、グレードやボディカラーを自分では入力できない上に、詳細情報を得るには個人情報を提供する必要があります。

メリット

  • 完全匿名性
  • 入力項目が少なくて簡単
  • 販売台数No.1の買取実績のもと査定額を推測

デメリット

  • 愛車のグレードやカラーは入力できない
  • 販売相場なので詳しい買取相場がわからない
  • 詳細を知るには個人情報が必要
ガリバーの「中古車買取相場」を使う

③グーネットの「中古車相場表」

結論、グーネットの「中古車相場表」は中古車販売に特化していることもあり、精度の高い査定額を知ることができるサイトです。

ただし、買取相場を調べるためには、メールアドレスと郵便番号が必要となり、完全な匿名性ではないので注意しましょう。

メリット

  • 情報量が多く精度が高い査定額がわかる
  • しつこい営業電話がかかってこない
  • 買取強化店に査定依頼ができる

デメリット

  • メールアドレスと郵便番号が必要
  • 買取額を比較できない
グーネットの「中古車相場表」を使う

正確な査定額が知りたいなら匿名ではなく一括査定を使おう

結論、愛車の査定依頼をするなら、匿名ではなく一括査定の利用をおすすめします。

なぜなら、実際の車を見てもらえるので精度が高い買取価格がわかる上に、複数社の買取価格を比較することができるからです。

正確な査定額を把握して、最もあなたが利益を得られる金額で愛車を売却しましょう。

  • 愛車を洗車・清掃する
  • 大きなキズやへこみは修理せず査定する
  • 自身で加えたオプションの動作を確認しておく

独自の買取店で高額買取を狙うならカーセンサー

カーセンサーは、独自の買取店で高額買取を狙う方におすすめです。

なぜなら、カーセンサーのみに掲載されている買取店も展開されているため、相場価格よりも高額で売却できる可能性が高いからです。

サービスの特徴

  • 検索機能・相場情報が充実
  • 全国の買取店が参画
  • 独自の買取店を展開

こんな人におすすめ

  • できる限り多くの会社に見てもらいたい人
  • 手早く売却したい人
  • 電話ではなくメールでやりとりしたい人

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

しつこい営業電話が嫌いならユーカーパック

結論、ユーカーパックは、しつこい営業電話が嫌いな方におすすめです。

なぜなら、買取業者との交渉を全て代行してくれるので、自分自身で直接交渉を行う必要が無いからです。

サービスの特徴

  • 約30秒の簡単申し込み
  • 面倒な営業連絡が来ない
  • オークション形式で高額売却が見込める

こんな人におすすめ

  • 個人情報を複数の業者に渡したくない人
  • 査定は1回だけで済ませたい人
  • できる限り高く売却したい人

あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

楽天ユーザーなら楽天カーサービス

結論、楽天カーサービスは、楽天ユーザーの方におすすめです。

なぜなら、査定や成約時に楽天ポイント還元がある上に、貯まったポイントを新車の洗車代に充てることもできるからです。

サービスの特徴

  • 最短90秒で申込みができる
  • オークション形式と一括査定形式を選ぶことができる
  • 楽天ポイントがもらえる

こんな人におすすめ

  • 約1分の簡単申し込み
  • 楽天ポイントが付与される
  • 楽天オークションの査定依頼ができる

楽天の愛車一括査定!もれなくポイントプレゼント!

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっ

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ