クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > カーライフ > 【厳選】車中泊おすすめグッズ15選|必需品・100均で買える便利グッズまで紹介!

【厳選】車中泊おすすめグッズ15選|必需品・100均で買える便利グッズまで紹介!

今、車中泊が熱い。バンTuber(バンで車中泊をしている様子を動画配信するYouTuberの総称)などの登場からも人気の高まりが伺えます。

本記事は、これから車中泊を始めてみたい方、初心者の方に向けたおすすめグッズを紹介します。ひとまずこれがあれば安心して車中泊ができるという商品をピックアップしていますので、参考にしてみてくださいね。

車中泊の基本グッズはこれ!

車中泊は当然のことながら普段過ごしている家とは違い、車には生活に必要なグッズがほとんどありません

また、キャンピングカーのように車内で生活・就寝が可能になっている訳ではないので、快適に過ごすためには準備が必要です。



車中泊の基本グッズ

  • マット
  • テーブル
  • カーテン・シェード
  • 電池式ランタン
  • タオル・ブランケット
  • 必要に応じてベッド

タオル・ブランケットは家にあるものを使用できると思いますが、その他は普段は使わないものばかりですね。しかしながら、どれも車中泊には必須のアイテムです。ここからは実際におすすめの商品をそれぞれ紹介していきますね。

【マストアイテム!】オールシーズンでおすすめのグッズ

ここからは通年で必要な車中泊グッズから、それぞれ厳選したものを3つずつ紹介していきます。それぞれ、あなたがお持ちの車に合ったものを選べば快適に車中で過ごせますよ。

それでは、いってみましょう!

快適に就寝する為の【マット】

まず、車中で就寝する際に気になることはシートの凹凸。これが意外に不快なのです。

その不快感を解消してくれるグッズがマットレス!人気商品の中から3つ紹介します。

フィールドア 車中泊マット

人気のアウトドアブランド、フィールドアから販売されている車中泊マットです。自動膨張式で簡単に設置でき、内部にウレタンが入っているので快適に就寝が可能。

マット同士の連結もでき、車中泊だけではなくキャンプなどでも使用できます。

商品名 車中泊マット 本体重量 約2.7kg
メーカー フィールドア(FIELDOOR) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約60cm×188cm×10cm
※ウレタンサイズ  約54cm×182cm×10cm
金額 6,600円(税込) 収納時サイズ 約φ28cm×68cm
4色展開
(ブラウン、オレンジ、ブラック、カーキ)
備考 ダブルサイズや、5㎝厚もあり
楽天市場で購入する

コールマン キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル

こちらも大人気のアウトドアブランド、コールマンのマット。自動膨張式、内部にウレタンが入っています。

お値段が少々お高めですが、”まるで自宅のように快適に眠れる”と謳われているだけあり、口コミでも評価の高い商品。

商品名 キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル 本体重量 約2.7kg(シングル)
メーカー コールマン(COLEMAN) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約198×68×10cm(シングル)
金額 12,881円 (税込) 収納時サイズ 約φ21×72cm
グレー 備考 ダブルサイズあり
楽天市場で購入する

キャプテンスタッグ 折りたたみ式マット

こちらも有名なアウトドアブランド、キャプテンスタッグの折りたたみ式マット。

スピーディーな設置、回収が可能なモデルです。

商品名 キャンピングFDマット〈L〉 200×100cm 本体重量 約1.2g
メーカー キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 100×11.5×31cm
金額 3,960円 (税込) 収納時サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 100×200×厚さ1.5cm
ブルー 備考 60×200cmの2サイズ展開。
楽天市場で購入する

プライバシーを守る為の【カーテン】

車中泊では多くの場合、屋外に車を停めているため、車内からも車外からも丸見えの状態となります。

そこで準備したいものが、車用シェード・カーテンです。

防犯の観点からも車内が丸見えというのは避けたいですし、朝日など車外から差し込む光を調節する役割も果たしてくれます。

クレトム 断熱サイドシェード

後席用の吸盤式遮光シェードで、簡単に取り付け可能です。

断熱効果もあり、夏は暑さを、冬は寒さを防ぎます。

商品名 サンシェード 断熱サイドシェード 本体重量 約 200 g
メーカー クレトム(cretom) 本体サイズ(高さ×幅㎝) 71×48㎝
金額 627円(税込) 収納時サイズ 約15㎝幅
マリンブルー 備考 1枚入り
楽天市場で購入する

ナポレックス サイドウィンドウ用カーテン

ガラス面に取り付けるタイプのカーテンで、開け閉めが可能。閉めたときにはループゴムで束ねることもでき便利です。

後席だけではなく、バックドアへの取り付けも可能で幅広い用途が魅力です。

商品名 カーテン L BY-22 ブラック 2枚入り 本体重量 約130g
メーカー ナポレックス 本体サイズ(高さ×幅) 52×80cm
金額 1,770円(税込) パッケージサイズ(高さ×幅×厚さ) 23×10.4×3.5cm
ブラック 備考 吸盤4個・カーテン2枚入り
楽天市場で購入する

クレトム 遮光マジカルシェード

車両のフロントガラス用のシェード。ワンタッチで広がり、収納時も小さくたためてドアポケットに収まります。

収納袋はハンドルカバーにもなり、なくしてしまう心配はありません。

商品名 遮光マジカルシェード Mサイズ 本体重量 約150g(収納袋も含む)
メーカー 大自工業(メルテック) 本体サイズ(高さ×幅) 約70×130cm
金額 1,859円 (税込) パッケージサイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約32×30×40cm
シルバー 備考 車種にあわせてS、M、Lの3サイズ展開。
楽天市場で購入する

意外と重要【テーブル】

車中泊で意外と必要となるのがテーブルです。食事からみんなでくつろいでお茶をするときなどに使いやすいものを紹介していきます。

フィールドア 収納式アルミレジャーテーブル

こちらもフィールドアの商品。車外に設置して使うタイプで、カラー展開も非常に豊富で女性にも人気です。

商品名 収納式 アルミ レジャーテーブル 本体重量 約5.5kg
メーカー フィールドア(FIELDOOR) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約70cm×120cm×80cm
金額 4,840円(税込) 収納時サイズ(高さ×幅×奥行) 約7㎝×80㎝×60㎝
7色展開
(シルバー、ナチュラル、ダークブラウン、バンブー、ゼブラ、ヘリンボーン/オーシャン 、ヘリンボーン/ヴィンテージ)
備考 耐熱温度は150℃
楽天市場で購入する

キャプテンスタッグ アルミロールテーブル

こちらは車中で使用できるタイプで、キャプテンスタッグより販売。折りたためるのでスペースを取りません。

食事から、ちょっとした作業には十分なスペースを確保できます。

商品名 アルミロールテーブル 本体重量 7kg
メーカー キャプテンスタッグ 本体サイズ(高さ×幅×奥行㎝) 12㎝×40㎝×29㎝
金額 2,158円(税込) 収納時サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 7㎝×40㎝×6㎝
シルバー 表面材 アルミニウム
楽天市場で購入する

アデルフォス 車用テーブル ハンドル 後部座席 2WAY

株式会社アデルフォスから販売されている車用テーブルです。

後席での使用や、ハンドルに取り付けて前席でも使用可能の2WAY使用。スマホやタブレットも置くことができます。

商品名 車用テーブル ハンドル 後部座席 2WAY 本体重量 約1.05kg
メーカー 株式会社アデルフォス(ADELPHOS) 本体サイズ(幅×奥行㎝) 約37×30.5㎝
金額 メーカー希望小売価格 12,000円 (税込) 収納方法 ヘッドレスト取付時には装着したまま折りたたみ可能
ブラック 備考 サイドスライドテーブル付き
楽天市場で購入する

機能か雰囲気重視かにより異なる【ランタン】

車中泊ではランタン選びも重要です。

ランタンまでの距離が近く明るすぎると目が疲れてしまうため、調光可能なものを選ぶことがポイント。車外では明るく、車内では程よい暗さになるものがオススメです。です。

ジェントス EX-114D

防塵・防滴仕様、1m落下耐久のLEDランタンです。連続点灯100時間可能。

明るさの調整ができ、車内はもちろん車外でも使用可能。USBでスマートフォンなどの充電もできるので重宝します。

商品名 GENTOS Explorerシリーズ LEDランタン EX-114D 本体重量 1250g(電池含む)
メーカー ジェントス(GENTOS) 本体サイズ(高さ×幅×奥行㎝) 24×12×11.2㎝
金額 7,690円(税込) 明度調整 250ルーメン(Ecoモード時)/ 650ルーメン(Midモード時)/ 1100ルーメン(Highモード時)
ブラック 備考 単一電池4本使用
楽天市場で購入する

Landport LEDランタン

たためてコンパクト!Landportのソーラーパフ。名前の通り、太陽光で充電可能です。

落としても割れないのでお子さんがいる家庭でも安心して使用できます。

商品名 CARRY THE SUN(キャリーザサン ミディアム) 本体重量 約86g
メーカー Landport 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 11×11×11cm
金額 4,180円 (税込) 収納時サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 11×21×1.2cm
ホワイト 備考 白色光、暖色光の2パターン展開
楽天市場で購入する

スノーピーク たねほおずきシリーズ

雰囲気重視の方におすすめしたいのがスノーピークのランタンです。

手元に置くもよし、引っ掛けて使うもよし。デザインも可愛らしく、女性にも人気の商品です。

商品名 たねほおずき 本体重量 57g(電池を除く)
メーカー スノーピーク(snow peak) 本体サイズ(直径×高さ㎝) φ6.2×7.5cm
金額 4,400円(税込) 点灯モード 3モード(Hi-Low/Strobe/疑似ゆらぎ)+無段階調光
3色展開(つち、もり、ゆき) 備考 単四形アルカリ乾電池(LR03)3本使用
楽天市場で購入する

より高い快適性を実現【エアベッド】

車中泊をより快適に過ごしたい、と言う方におすすめなのが車中泊用のベッドの導入です。

マットレスとは別途、車中泊用ベッドを設置することで断熱効果も見込めます。こちらは必須という訳ではないのでおすすめの1点だけ紹介しますね。

コールマン エクストラデュラブルエアーベッド

エアーを入れて膨らませるタイプのベッドです。コールマンより販売中。

好みの固さに調整でき、マットレスがなくてもこれだけで快適に就寝することができます。

商品名 エクストラデュラブルエアーベッド 本体重量 約2.1kg
メーカー コールマン(Coleman) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約97cm×185×20cm
金額 10,749円(税込) 仕様 ダブルロックバルブ、ロール式収納
備考 コールマンの電動ポンプにて空気を注入し
固さを調整します。
楽天市場で購入する

100均で買える便利グッズ

車中泊でおすすめの商品は、なにもキャンプ用品店だけではなく我らが100円均一でも購入が可能です。

この投稿をInstagramで見る

renren@工房。【手づくりで笑顔のアート】(@ren71111324)がシェアした投稿 -

  • アルミシート
    マット下に敷き断熱効果!
  • シートバックポケット
    ティッシュボックスなど小物入れに!
  • S字フック
    袋などを引っ掛けられる。荷物が多い方に!
  • プラスチックグラス
    落としても割れない!
  • コロコロシート
    掃除機のない車中でも綺麗を保てる!

冬夏それぞれのマストアイテム

ここまではオールシーズンで使用可能なグッズを紹介してきましたが、ここからは冬・夏でそれぞれ季節によって必要な車中泊グッズを紹介していきます。

冬の車中泊必須グッズ:シュラフ

車中泊は屋外になるので、当然室内より冷えますよね。やはり冬にはシュラフ(寝袋)が必須になるのではと思います。おすすめをひとつ紹介しますね。

スノーピーク グランドオフトン シングル1000

名前の通り、お布団のような使いやすさを意識した寝袋。

底冷え対策にマットを、掛け布団に羽毛を使用。マイナス8℃でも快適に眠ることができます。

商品名 グランドオフトン シングル1000 本体重量 掛け布団/2.6kg、マット/2kg(収納ケース含む)
メーカー スノーピーク(snow peak) 本体サイズ(幅×高さ) 掛け布団/110×180cm、マット/77×198cm
金額 58,080円(税込) 収納時サイズ 掛け布団/φ31×50cm、マット/φ21×88cm
備考 下限温度マイナス15℃
楽天市場で購入する

夏の車中泊必須グッズ:車内用扇風機

この投稿をInstagramで見る

Satoshi Naya(@otaku_japan2016)がシェアした投稿 -

夏といえば暑さ対策が必須ですよね。

おすすめは車内用の扇風機です。無風で就寝するのはちょっとしんどい、そんなときにはこちらを使ってみてはいかがでしょうか。

あなたの車や、季節に合わせて準備をしよう!

今回は車中泊の必需品のみを厳選し紹介しましたが、いかがでしたか?

車中泊を快適にするグッズはまだまだたくさんありますし、あなたの車が軽自動車なのかバンなのかにより、準備するものは変わってきます。車のサイズ、車中泊をする人数に合わせて揃えてくださいね。

この記事があなたの車中泊の参考になれば幸いです。それでは、素敵なカーライフを!

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっ

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ