クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > カーライフ > 大手カーリースサイト6社を徹底比較!1番お得でおすすめなサイトは?

大手カーリースサイト6社を徹底比較!1番お得でおすすめなサイトは?

皆さんはカーリースというサービスをご存知ですか?カーリースとは車のサブスクリプションのようなもので、車を購入するわけではなく月額を支払って利用するというサービスです。この記事では、カーリースがおすすめな人はどんな人か、どのサイトを利用すれば良いのかおすすめの5社を比較してご紹介します。これからカーリースを利用しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

カーリースのメリット・デメリット

カーリースを利用する上で、通常の車の購入に比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?この章では実際にカーリースを利用した人の口コミをご紹介し、どんな人にオススメできるのか・できないのかを詳しく解説していきます。

カーリースの利用方法

  1. 料金シミュレーション:希望の車種で月額料金をチェック
  2. 申し込み:個人情報などの入力
  3. 審査(1週間前後):保証会社などによる審査
  4. 契約:自宅に書類が届くので、記入し返送
  5. 納車:ディーラーと日時の調整を行い、予定日に納車

カーリースのメリットとは?初期費用を抑えたい人におすすめ!

カーリースは、下の条件に当てはまる人に特におすすめです。

  • 初期費用の負担をできる限り減らしたい人
  • 月々の支払額を一定に保ちたい人
  • あまり遠出をしない人
  • 車を短期間で乗り換えたい人

車を購入する場合、頭金の準備などで初期にまとまった金額が必要なるケースが多いです。また、車検などの維持費用や修理などのメンテ費用も発生するため、年間でかかる費用が計算しにくいことが多いです。しかし、カーリースの場合は頭金などを支払う必要がなく、月額料金での利用のため年間のコストを計算しやすいというメリットがあります。

また、カーリースは1年や5年などの年間契約で利用しますが、短期間の契約にすれば新しい車に乗り換えることも可能。契約内容では走行距離を制限しているケースが多いため、日常的な車の使用であれば特に問題ありませんが、気になる方は事前に確認しておきましょう。

利用者のポジティブなクチコミ

利用者の口コミから分かる通り、やはり金銭的な負担を軽減させる目的で利用されている方が多いようです。そのほかにも、中古車だとメンテ費用などが発生する可能性があるという点から、新車を使用できるというメリットも挙げられています。

カーリースのデメリットとは?頻繁に運転する人にはおすすめしない理由

カーリースは、下記の条件に当てはまる人にはおすすめできないため注意してください。

  • 車で遠出を頻繁にしたいと考えている人
  • 中途解約する可能性がある人
  • 車でアウトドアを楽しみたいと考えている人

カーリースの一番のデメリットは、使用するにあたって様々な制限が設けられているという点が挙げられます。多くの契約では、月間の走行距離に上限があり、それを超えると超えた分だけ料金が請求されることになります。また、年単位の契約なので、途中で転勤などによって車が必要なくなったというような場合には中途解約する必要がありますが、その場合には違約金が発生します。そのほかに車両のキズやヘコミなどができた場合、経年劣化の範囲であれば保証が効きますが、ユーザー側の責任で生じた場合には指定の修理業者で修理を行わなければいけないようなケースがあります。

利用者のネガティブなクチコミ

利用者のネガティブな口コミを見ると、やはり購入したものではないので利用用途に制限があることに違和感を抱いている人が多いようです。特に長距離運転を頻繁にする人や、車を改造したりカスタマイズを楽しみたい方は候補から外した方が良いかもしれません。

注意点や選ぶうえでのポイント

インターネットで「カーリース」と検索すると、色んなサイトが出てくるためどこを利用すれば良いのか悩んでしまいますよね?カーリースサイトを選ぶ場合は、下記の4点に基準を置いて決めることをおすすめします。

  • 料金の安さ
  • 車のラインナップ
  • サイトの使いやすさ
  • 走行距離の上限

それぞれのポイントについて、下記で詳しく解説していきます!

料金の安さ

一つ目は料金の安さです。それぞれのサイトで自分が希望している車種をリースする場合、総額いくらになるのかを見積もりシミュレーションなどで算出するようにしておきましょう。その際にはプランに含まれている内容やオプションも同時に確認しましょう。サイトによっては定額でエンジンオイルの交換が無料になったり、ガソリンが割引になるというオプションを付属できる場合があります。

車のラインナップ

二つ目は取り扱っている車のラインナップです。大型サイトでは幅広い車種を取り扱っていますが、もしピンポイントで乗りたいモデルがある場合には取り扱いがあるかをチェックしておきましょう。また、気になるモデルを取り扱っていたとしても、特定のグレードしか用意がない可能性があります。自分が乗りたいモデルのグレードなど細かいところまで確認することが大切です。

サイトの使いやすさ

三つ目はサイトの使いやすさです。車を選択した場合に装備がどうなっているのか、月額いくらかかるのか、グレードはどうなっているのかなどが一目で分かるようなサイトの方が他の車両と比較しやすいです。

走行距離の上限

最後は走行距離の上限についてです。多くのカーリースは契約満了時に、月の平均走行距離を算出して上限を超えた分が請求されます。この走行距離の上限はサイトによって異なるため、もし長距離で利用を考えている場合にはなるべく上限が高いサイトを利用しましょう。また、上限が低くてもオプションで上限が解除されるものもあるため、併せてチェックしてみてください。

おすすめカーリース6社を徹底比較

ここからは大手カーリース会社6社を、「リース期間5年」で比較&解説していきます。カーリース会社で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

料金の安さ 車のラインナップ サイトの使いやすさ 走行距離の上限
SOMPOで乗ーる ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ あり
リースナブル ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ 不明
コスモMyカーリース ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ あり
カルモくん ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ あり
MOTA定額マイカー ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ なし
KINTO ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆ あり

SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーるは大手保険会社のSOMPOとIT企業のDeNAが提供しているサービスです。国産車から輸入車まで幅広い車種を取り扱っており、乗りたい車が輸入車の場合はおすすめです。また、専任の担当者が付いてくれるため手厚いサポートを受けることが可能。その他、個人間のカーシェアリングを行えることも大きな特徴です。

サービスの特徴

  • 国産車・輸入車を取り扱っている
  • 専任の担当者がサポート
  • 個人間のカーシェアが可能

こんな人におすすめ

  • 輸入車に乗りたい人
  • 専門家に相談して決めたい人
  • 長距離で利用したい人
料金の安さ ☆☆☆☆
車のラインナップ ☆☆☆☆☆
サイトの使いやすさ ☆☆☆☆
走行距離の上限 あり

リースナブル

リースナブルは三和サービスが提供しているカーリースで、軽自動車と普通車それぞれ最安価格8,000円~・20,000円~で利用できます。月額コースは最安・標準・定額の3種類で、プラスしてメンテナンスの月額プランを選択することができます。

サービスの特徴

  • 5年のメーカー保証付き
  • 国産車は車検0円
  • 途中解約可能

こんな人におすすめ

  • 国産車に乗りたいと考えている人
  • 初期費用をできるだけ抑えたい人
  • 急ぎで納車をしてほしい人
料金の安さ ☆☆☆☆☆
車のラインナップ ☆☆☆☆
サイトの使いやすさ ☆☆☆
走行距離の上限 不明

コスモMyカーリース

コスモMyカーリースは、ガソリンスタンドでおなじみのコスモ石油が提供しているカーリースサービスです。リース期間は3,5,7年の3種類で、メンテナンスパックも3種類を用意。必要最小限のプランから車検や消耗品の交換も含めたプランがあります。また、指定のカードでコスモ石油の給油を行えば、月間100Lまで最大5円引きの特典があります。

サービスの特徴

  • コスモ石油のガソリンスタンドであれば割引特典有り
  • 走行上限:500km,1,000km,1500kmまで
  • リース期間:3,5,7年

こんな人におすすめ

  • 利用圏内にコスモ石油がある人
  • 車検や消耗品の交換も全て任せたい人
  • いろんな車種を比較検討したい人
料金の安さ ☆☆☆☆
車のラインナップ ☆☆☆☆
サイトの使いやすさ ☆☆☆☆
走行距離の上限 あり

おトクにマイカー 定額カルモくん

おトクにマイカー 定額カルモくんは、実店舗がなく全てネットのため他のサイトの比べて費用が安い傾向にあります。また、カーリースの中でも11年まで契約可能のため、月額費用を抑えることが可能。仕事の都合で転勤などが考えられる方は1年単位での契約も可能なため、様々なニーズに応えています。

サービスの特徴

  • リース期間:最大11年(それまでは1年単位)
  • 走行上限:月1500kmまで
  • 業界唯一の返却時の求償保障有り

こんな人におすすめ

  • 長期のカーリースを検討している人
  • 細かい期間で利用したい人
  • 費用をできるだけ抑えたい人
料金の安さ ☆☆☆
車のラインナップ ☆☆☆☆
サイトの使いやすさ ☆☆☆☆
走行距離の上限 あり

MOTA定額マイカー

MOTA定額マイカーは個人向けのカーリースサービスで、国産車は商用車以外全てのモデルを取り扱っています。契約書を提出後、最短3週間で新車の納車可能です。また、最長契約期間は11年で契約満了後にはリースで利用していた車がそのまま貰える契約になっています。

サービスの特徴

  • 走行上限無し
  • 商用車以外の国産車は全て取り扱い対象
  • 契約満了後は車の返却は不要

こんな人におすすめ

  • 日常的に長距離運転を行う人
  • 最終的に車を手に入れたいと考えている人
  • 長期間のリースを検討している人
料金の安さ ☆☆☆
車のラインナップ ☆☆☆☆
サイトの使いやすさ ☆☆☆☆
走行距離の上限 なし

KINTO

KINTOはトヨタ車(レクサス)に特化したカーリースです。トヨタ車の場合契約期間は3,5,7年でレクサス車の場合3年となっています。プランの料金には通常他のカーリースでは含まれていない任意保険まで含まれているため、万が一の事故などの不安もしっかりとサポート。免許返納や海外転勤の場合には、解約金はかからないという特徴があります。

サービスの特徴

  • トヨタ(レクサス)車に特化
  • 料金には税金や車検以外に任意保険も含まれる
  • 免許返納・海外転勤の場合は解約金0円

こんな人におすすめ

  • トヨタ車に乗りたい人
  • 車検や保険代まで全て込みで定額利用したい人
  • 65歳以上の人
料金の安さ ☆☆☆
車のラインナップ ☆☆☆
サイトの使いやすさ ☆☆☆☆☆
走行距離の上限 あり

カーリースの料金シュミレーション

では、今までご紹介してきたカーリース業者6社を、トヨタの人気車「ライズ」で申し込みをした時のシミュレーションを見ていきましょう。

グレード メンテナンスプラン 走行上限 料金
コスモMyカーリース X なし 1,000km 36,410円
カルモくん X なし 1,500km 36,520円
SOMPOで乗ーる X 含む 1,000km 32,000円
MOTA定額マイカー X なし なし 38,400円
KINTO XS 含む 1,500km 36,960円
リースナブル XS なし 不明 30,000円

各サイトによって取り扱っているグレードや走行上限が異なるため、あくまでも目安として利用してみてください。

トヨタ ライズ 2019年11月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 5名
型式 5BA-A200A
全長×全幅×全高 3995× 1695× 1620mm
販売期間 2019年11月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

トヨタ ライズの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

おすすめカーリース6社を徹底比較

料金の安さ 車のラインナップ サイトの使いやすさ 走行距離の上限
SOMPOで乗ーる ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ あり
リースナブル ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ 不明
コスモMyカーリース ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ あり
カルモくん ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ あり
MOTA定額マイカー ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ なし
KINTO ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆☆ あり

自分のニーズに合わせたサイト選びが重要!

表を見ていただくとわかる通り、車の取り扱い数やサイトの使いやすさには、そこまでサイトごとに差があるわけではありません。しかし、走行距離の上限やメンテナンス・車検費用が月額料金に含まれているのかなど、プランの内容に一番の差が出てきています。長距離を走らない場合は、走行上限ありで安いプランにするなど、自分に合わせたプランを選択してお得にカーリースを利用しましょう!

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっ

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ