クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > おすすめ車種 > かっこいい軽自動車10選!男性にオススメしたい人気の車種を紹介

かっこいい軽自動車10選!男性にオススメしたい人気の車種を紹介

軽自動車は普通自動車に比べて、あらゆる面で税的優遇を受けているため、車を購入する際に候補に上がりやすいと思います。そこでこの記事では、軽自動車の中でも特に、「かっこいい」と言えるようなモデルを10車種ご紹介していきます。見た目に合わせて燃費や金額などスペックを合わせてチェックしてみてください。

最近流行りの軽自動車の特徴は?

現在、軽自動車はほぼ全ての国産メーカーから発売されています。最近の流行りとしては、車内が広く車高が高い快適性や利便性を重視したモデルが多いようです。普段使いするならば、そういった利便性なども大事ですが、せっかく乗るんだから見た目にもこだわりたい!というような需要があると思います。そういった声に応えるために、この記事では筆者の目線で「かっこいい」と思える軽自動車をご紹介します。メタリックなフロントグリルや角ばったSUV仕様など、ぜひ最後まで読んでみてください。

軽自動車ランキング

1位 ホンダ S660

【画像提供:カーセンサー 】

ホンダ S660は2015年に発売されたモデルで、その名の通り660ccのエンジンを搭載しています。グレードは「α」・「β」・「Modulo X」の3種類で、それぞれ6MTとCVTが選べます。また、燃費の面ではWLTCモードで20.0km/(CVT)となっています。2シーターのオープンスポーツカーで、ルーフはロールトップ方式のため自動での開閉はできません。運転席はブラックレザーを使用しており、高級感が漂う仕上がりに。シティーブレーキアクティブシステムなどの搭載により安全面も期待できます。

ホンダ S660 2019年12月発売モデルの基本情報

ボディタイプ オープン
ドア数 -
乗員定員 2名
型式 3BA-JW5
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1180mm
販売期間 2019年12月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

S660の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

2位 ダイハツ コペン

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ コペンは2002年に発売されたモデルで、2シーターのオープンカーです。現行モデルは4つの種類に分かれており、それぞれ5MTとCVTを選べる仕様になっています。また、燃費の面ではWLTCモードで19.2km/(2WD・CVT)となっています。ルーフのオープンは電動でできるため、軽の中では珍しいです。S660と比べるとコペンはトランクルームがあることも特徴の1つです。安全性能については、衝突安全ボディや歩行者障害軽減ボディが採用されているため、万が一の際についても考えられています。

ダイハツ コペン 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ オープン
ドア数 -
乗員定員 2名
型式 3BA-LA400K
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1280mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

コペンの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

3位 スズキ カプチーノ

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ カプチーノは1991年に発売された2シーターオープンモデルで、1998年に販売が終了しました。そのため、現在入手するためには中古市場を探すしかありませんが、現在でもかなりの人気を博しています。MTとATが用意されていますが、MTの販売車数が少ないためかなり貴重です。最大の特徴として、フルオープン、タルガ・トップ、Tトップの3種類からルーフのタイプを選択できます。

スズキ カプチーノ 1995年05月発売モデルの基本情報

ボディタイプ オープン
ドア数 -
乗員定員 2名
型式 E-EA21R
全長×全幅×全高 3295× 1395× 1185mm
販売期間 1995年05月~1997年12月
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

カプチーノの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

4位 三菱 ekクロススペース

【画像提供:カーセンサー 】

三菱 ekクロススペースは2020年に発売されたモデルで、ekワゴンをベースにSUV風にリニューアルされたデザインになっています。特にフロントが三菱特有の「ダイナミックシールド」が採用されているため、正面から見ると特徴的なデザインです。そして流行りのスーパーハイトワゴンのため、車内空間が快適でラゲージスペースも大きく、大きな荷物を積むことができます。また、標準グレード以外は助手席側が電動スライドになっており、ハンズフリーで開閉が行えます。

三菱 eKクロススペース 2020年03月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 5AA-B34A
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1780mm
販売期間 2020年03月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ekクロススペースの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

5位 スズキ ジムニー

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ ジムニーは1970年に発売され、2018年にフルモデルチェンジが行われた根強い人気のモデルです。現行モデルはグレードが3種類用意されていますが、共通で4WDを採用しており、ATかMTを選択できます。また、燃費の面ではWLTCモードで16.2km/(5MT)となっています。快適設備として、チルトステアリングを採用しているため運転しやすい位置にハンドルを調節することが可能です。

スズキ ジムニー 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 3BA-JB64W
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1725mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ジムニーの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

6位 ダイハツ タフト

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ タフトは2020年に発売されたモデルで、グレードは「X」、「G」、「Gターボ」の3種類があります。それぞれ2WD・4WDを選択でき、全てCVTとなっています。また、燃費の面ではWLTCモードで25.7km/(2WD・ターボ以外)となっています。ボディカラーはシックなカラーから明るめのブルーやオレンジなどが用意されており、多方面のユーザーに選択肢を与えてくれています。しかしタフト最大の特徴は前席のガラスルーフです。

ダイハツ タフト 2020年06月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 6BA-LA900S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1630mm
販売期間 2020年06月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

タフトの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

7位 ホンダ N-BOX

【画像提供:カーセンサー 】

ホンダ N-BOXは2011年に発売された大ヒットモデルで、N-BOXシリーズは国内販売台数3年連続1位の記録を持っています。エコカー減税25%対象車というのも特徴の1つ。ボディカラーはシックなものが多く、インテリアもブラックとベージュの2種類で大人な雰囲気を演出しています。全タイプにホンダの最新技術である「Honda SENSING」を搭載しているため、安全面でも期待できます。

ホンダ N-BOX 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 6BA-JF3
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1790mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

N-BOXの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

8位 ダイハツ キャスト

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ キャストは2015年に発売された軽トールワゴンで、標準タイプの「スタイル」・SUV風の「アクティバ」・スポーティな「スポーツ」の3種類が用意されており、前車がエコカー減税の対象となっていることが最大の特徴です。また、燃費の面ではWLTCモードで25.0km/(2WD・ターボ以外)となっています。安全性能の面では「スマートアシストⅢ」を採用しており、事故の予防・回避サポートや長距離運転のサポートシステムなどが搭載されています。

ダイハツ キャスト 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-LA250S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1600mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

キャストの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

9位 ダイハツ ウェイク

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ ウェイクは2014年に発売されたモデルで、「ドデカクつかおう」がキャッチコピーの軽スーパートールワゴンです。車高が高くラゲージスペースも大きく確保されており、後席をフラットにすればラゲージスペースとつながるような仕組みに。ラゲージアンダートランクは約90Lの積載量があるため、クーラーボックスなども収納できます。また、前席には約14箇所の収納スペースが設けられており、利便性も抜群です。燃費の面ではWLTCモードで17.4km/l(2WD)となっています。

ダイハツ ウェイク 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-LA700S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1835mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ウェイクの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

10位 ホンダ N-ONE

【画像提供:カーセンサー 】

ホンダ N-ONEは2012年に発売された丸目のヘッドライトが特徴的なモデルです。Original・Premium・RSの3タイプが用意されており、RSのみ6MTとCVTが選択できます。また、RSは軽自動車初のFFターボエンジンと6速MTを採用しており、スポーティなドライブを体感することができます。「Honda SENSING」では自転車や夜間の歩行者も検知することができ、衝突軽減ブレーキや車線維持支援システム、オートハイビームなどあらゆる場面で安全をサポートしてくれます。

ホンダ N-ONE 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-JG1
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1545mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

N-ONEの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっ

中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ