クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > 新型情報 > ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっています。また、トヨタやスバルにOEM供給していることでも知られており、その技術はトップクラスと呼べるでしょう。この記事ではダイハツの軽自動車の8車種を、特徴やスペックで比較してご紹介します。

ダイハツと軽自動車の歴史

ダイハツは1907年に「発動機製造株式会社」として創業しました。大阪に拠点を持ち、エンジンなどの開発を行っていました。1960年にダイハツ初の軽自動車である「ハイゼット」を発売。そこから軽自動車を中心として販売を行なっていきます。1998年にトヨタの傘下入りをし、2016年に完全にトヨタの子会社となりました。また、国内の軽乗用車新車販売台数では、2015年から2019年の5年連続で1位に輝いています。

ダイハツの軽自動車8車種

タフト

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ タフトは1974年に発売されたモデルで、2020年にフルモデルチェンジされた二代目が発売されました。角ばったボディが特徴的なクロスオーバーSUVになります。狭い道でも小回りが利くようなボディサイズで、車体が高いため見晴らしが良く運転がしやすくなっています。また、一番の特徴は「スカイフィールトップ」と呼ばれるガラスのルーフを採用している点です。もちろんシェード部分は開閉できるようになっているため、今までと違ったドライブと味わうことができます。

ダイハツ タフト 2020年06月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 6BA-LA900S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1630mm
販売期間 2020年06月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ タフトの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

タント

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ タントは2003年に発売され、軽自動車初のハイト系と呼ばれるモデルです。2007年に発売された2代目は、助手席側のBピラーを取り除いた「ミラクルオープンドア」を採用しており、他の軽自動車とは一線を画す工夫が凝らされています。現行モデルでは運転席を最大540mm移動させることができるため、運転席から直接後部座席まで移動することも可能です。また、燃費についても、WLTCモードで21.2km/l(2WD)となっているため、申し分ありません。

ダイハツ タント 2020年06月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 6BA-LA650S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1755mm
販売期間 2020年06月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ タントの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】
ムーヴ

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ ムーヴは1995年に発売されたモデルで、トールワゴンとしてダイハツの軽自動車の中でもトップクラスの売れ行きを誇っています。ラゲージルームにはアンダーボックスが搭載されているため、背の高い荷物を積むことも可能です。そのほかにリヤシートが分割して動かすことができるため、荷物の量によって自由にスペースを確保することが可能です。一部グレードにスマートアシストⅢが標準装備となっているため安全性能の面でも安心です。

ダイハツ ムーヴ 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-LA150S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1630mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ ムーヴの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

アトレー

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ アトレーは1999年に発売された軽ワゴンで、広い車内空間と高い車高によって快適な乗車空間を作り出したモデルです。現行モデルは全グレードでターボエンジンを搭載しており、WLTCモードでは14.2km/l(2WD)となっています。ラゲージルームはリアシートを倒すことで自転車などの大きい荷物を積むことも可能で、カーペットは防水・防汚処理が施されています。また、安全面では衝突被害軽減ブレーキや踏み間違いを制御する機能も搭載されているため安心です。

ダイハツ アトレー 2001年01月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 GD-S220V
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1855mm
販売期間 2001年01月~2001年12月
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ウェイク

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ ウェイクは2014年に発売されたモデルで、全高1835mmという軽の中でもトップクラスの高さです。窮屈さを感じる事がないということもメリットですが、ラゲージルームには約90lほどのアンダートランクが搭載されています。また、シートには撥水加工がされており、リアシートの背面も特殊加工が施されているため水に濡れたものでも積むことができます。燃費については、WLTCモードで17.4km/l(2WD)となっています。

ダイハツ ウェイク 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-LA700S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1835mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ ウェイクの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

キャスト

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ キャストは2015年に発売されたモデルで、都市型モデルのスタイル・ターボ搭載のスポーツ・SUVタイプのアクティバの3シリーズが展開されています。それぞれ燃費やエクステリア、インテリアは異なるため、自分にぴったりなシリーズを選べるというメリットがあります。また、現行のスタイルではダイハツが誇る安全性能「スマートアシストⅢ」を採用しており、対車両・対歩行者の衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキ機能が搭載されています。

ダイハツ キャスト 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-LA250S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1600mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ キャストの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

コペン

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ コペンは2002年に発売されたモデルで、2シーターのオープンカーです。現行モデルはダイハツ唯一の軽スポーツカーで、ルーフは電動式になっており、約20秒でフルオープンにすることができます。Robe・XPLAY・Cero・GR SPORTの4シリーズを展開しており、それぞれ5速MTも用意されています。スポーツタイプだからこそ大切な安全性能については、対人事故に考慮した歩行者傷害軽減ボディや衝突安全ボディ、デュアルSRSエアバッグを採用しています。

ダイハツ コペン 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ オープン
ドア数 -
乗員定員 2名
型式 3BA-LA400K
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1280mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ コペンの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

ミラ

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ ミラは2003年に発売され、女性向けのミラ ココアなど様々な派生モデルが登場した人気モデルです。現行のミラはミラ イースと呼ばれるモデルで、スマートなサイズ感とWLTCモードで25.0km/l(2WD)の低燃費が特徴です。安全性能の面では、一部グレードにスマートアシストⅢが標準装備されているため、車線逸脱防止機能や踏み間違え防止機能、先行車発進お知らせ機能などあらゆる面で充実しています。

ダイハツ ミラ 2014年04月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 HBD-L275V
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1530mm
販売期間 2014年04月~2018年03月
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

かわいい軽自動車10選!女性にオススメしたい人気の車種を紹介

女性に特に人気のある軽自動車ですが、多くのメーカーから様々なモデルが発売されているため、いざ軽自動車を購入しようと思った時にどのモデルににすれば良いか悩んでしまいますよね。そこでこの記事では、「かわい

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ