クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > 新型情報 > ダイハツ タフト新型発売!多機能の軽クロスオーバー

ダイハツ タフト新型発売!多機能の軽クロスオーバー

ダイハツ工業から新型軽クロスオーバー「タフト」が2020年6月10日、発売が開始されました。軽自動車には珍しい装備、ユーザーに対する新たな提案がふんだんに盛り込まれたモデルとなっています。

ガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備、新たなパッケージングコンセプトも

【画像提供:カーセンサー 】

タフトは「Tough & Almighty Fun Tool」の頭文字が由来。幅広い年代のアクティブ志向層をターゲットに、「日常からレジャーシーンまで大活躍し、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトにして開発された、新世代のクルマづくり「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」第3弾商品です。 軽自動車では現状唯一のガラスルーフ「スカイフィールトップ」を、全グレードで標準装備。明るく開放的かつ広い視野を実現ななお、紫外線対策に加え室内温度の上昇も抑えるスーパーUV&IRカットガラスを採用しています。

また、新しいパッケージングコンセプトとして「Backpackスタイル」を採用。 特にトランクスペース周りについては、後部座席の背もたれを倒した際にはフルフラットになるだけではなく、座席同士の隙間、ドアとの隙間に荷物が落ちないようにデザインが工夫されており車中泊などでも快適に過ごせるように工夫。また、シートバックやフロアボード(脱着可)は汚れに強い樹脂製で、アウトドアにも最適な仕様となっています。

「スマートアシスト」も改良。ダイハツ初の電動パーキングブレーキ全車搭載へ

予防安全・運転支援システム「スマートアシスト」を改良、約3年半ぶりにステレオカメラが刷新されました。カメラ認識処理の変更で探知性能を向上、イメージセンサーの変更で撮像性能を高め、夜間の歩行者への対応も可能としました。 その他、「衝突回避支援ブレーキ」の対応速度の引き上げ、「標識認識機能」の読み取れる標識の種類が増加(従来の進入禁止に加え、最高速度・一時停止を追加)。 路側逸脱警報、ふらつき警報などの5種類の新機能が追加され、予防安全機能は全17種類となりました。

ダイハツ車としては初となる、オートブレーキホールド機能付き電動パーキングブレーキを全車に搭載。シフト操作に連動してパーキングブレーキが作動、アクセルを踏むと自動的に解除がするブレーキホールド機能が搭載されています。 このほかにも、「ダイハツコネクト」によりスマホアプリとの連携可能な、新搭載の9インチスマホ連携ディスプレイオーディオに加えて6.8インチスマホ連携ディスプレイオーディオをメーカーオプションとして設定しています。

タフトの基本・価格情報

ダイハツ タフト 2020年06月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 6BA-LA900S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1630mm
販売期間 2020年06月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

また、メーカーオプションとして、個性を際立たせるスタイルパック下記3種類を提案。

   
ブラックパック ブラックの樹脂パーツとガンメタリックのホイールを組み合わせ
クロムパック メッキのアウタードアハンドルとシルバーのアルミホイールを組み合わせ
ホワイトパック ホワイトのドアミラーカバーやドアアウターハンドル、スチールホイルからなる

さらに好みに合わせて顔が選べる「メッキパック(ディーラーオプション)」があり、フードガーニッシュ、バックドアガーニッシュの2種類が展開されています。

ボディカラー

ボディーカラーは、道具感にこだわった全9色で展開。 自然界にあるものをイメージした「レイクブルーメタリック」、「フォレストカーキメタリック」、「サンドベージュメタリック」の3色が新登場。

価格

グレードは「X」「G」「Gターボ」の3種類。 価格はそれぞれ、Xが135万3000円(FF)、147万9500円(4WD)。Gが148万5000円(FF)、161万1500円(4WD)。Gターボが160万6000円(FF)、173万2500円(4WD)となっています。

ダイハツ タフトの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっ

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ