クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > クルマの知識 > 軽自動車の排気量の上限は660cc!税金や排気量の特徴を解説

軽自動車の排気量の上限は660cc!税金や排気量の特徴を解説

軽自動車の排気量の上限は360ccから550cc、今では660ccまで拡大されてきました。理由としては、軽自動車のバリエーションが増え、車体の重さや大きさなどが変更されるにつれて今までの排気量ではパワー不足になってしまうという点が挙げられます。また、自動車税は排気量によって金額が異なる設定になっているため、普通車に比べて軽自動車は自動車税が安くなっていることも特徴。この記事では、排気量や自動車税などについて詳しく解説していきます。

排気量のメリット・デメリット

軽自動車の排気量は660ccまでと決められていますが、この排気量の大きさにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

挙げられるメリットとして、一つ目は税金が安いという点があります。自動車税は排気量が上がるにつれて、税率も上がります。また、排気量が小さいということはエンジンが小さいため、重量が軽くなり重量税も安くなります

デメリットとしては、エンジンが小さい分スピードを上げるとエンジン音が大きくなったり、加速が遅くパワー不足を感じることがあります。

排気量660ccのメリット

  • 自動車税を安く抑えることができる
  • 重量税を安く抑えることができる
  • 燃費が良い傾向にある

排気量660ccのデメリット

  • 坂道や高速でパワー不足を感じることがある
  • 速度を上げるとエンジン音が大きくなる
  • 車の振動が大きい

しかし、現在ではN-BOXのようにターボエンジンを採用することにより、パワー不足の面は改善されつつあります。

スズキ N-BOX

【画像提供:カーセンサー 】

ホンダ N-BOX 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 6BA-JF3
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1790mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ホンダ N-BOXの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

軽自動車と普通車の排気量の違い

軽自動車の規格として、排気量は最大660ccと定められていますが、普通車とどのくらい違うのかを見ていきましょう。

今回比較するのはスズキの人気車種ハスラーとトヨタの人気車種プリウスです。

下の表を見てもらうと分かるように、ハスラーの排気量が0.657Lに対してプリウスの排気量は1.797Lと約3倍。車体重量はハスラーが820kgに対してプリウスが1,350kgと1.6倍です。

   
種類 車種名 排気量 車体重量
普通車 プリウス 1.797L 1,350kg
軽自動車 ハスラー 0.657L 820kg

トヨタ プリウス

【画像提供:カーセンサー 】

トヨタ プリウス 2020年07月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 5名
型式 6AA-ZVW51
全長×全幅×全高 4575× 1760× 1470mm
販売期間 2020年07月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

トヨタ プリウスの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ ハスラー

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ ハスラー 2019年12月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 5AA-MR92S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1680mm
販売期間 2019年12月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

スズキ ハスラーの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

排気量と自動車税の関係性

軽自動車の「自動車税」は一律10,800円と定められていますが、普通乗用車は排気量が多ければ多いほど、自動車税も大きくなります。

また、新車購入時と車検時に支払う「重量税」は新車からの経過年数と車体重量によって税率が異なりますが、普通車に比べて軽自動車の方が安くなっています。

  • 軽自動車は毎年納める自動車税が安い
  • 軽自動車は普通車に比べて重量税が安い

軽自動車のカスタムには要注意

車好きであれば、自分の愛車をカスタムしたくなる人も多いと思います。ただし、カスタムしすぎた改造車は車検に通らない可能性があるということを念頭に置いておきましょう。もし改造車が車検に通らないような場合には、「構造変更申請」という申請手続きを行ってみましょう。

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっ

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ