クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > おすすめ車種 > 軽自動車の購入にかかる費用は?価格帯別のおすすめ車種も紹介

軽自動車の購入にかかる費用は?価格帯別のおすすめ車種も紹介

軽自動車は価格が手頃で維持費も安いため、幅広い支持を受けています。しかし、実際に軽自動車を購入する場合にはどのくらいの費用がかかるか気になりますよね?この記事では軽自動車の平均購入価格やその他の費用、購入費用を抑えるポイントに価格帯別のおすすめ車種をご紹介します。

目次
  1. 軽自動車の平均購入価格は?
    1. N-BOXの中古相場
  2. 車両価格以外の費用・維持費は?
  3. 購入費用を節約するポイント
  4. 価格帯別おすすめ軽自動車
    1. 予算200万円以上:ホンダ N-BOX・三菱 eKクロススペース
      1. ホンダ N-BOX 2019年10月発売モデルの基本情報
      2. ホンダ N-BOXの中古車一覧
      3. 三菱 eKクロススペース 2020年03月発売モデルの基本情報
      4. 三菱 eKクロススペースの中古車一覧
    2. 予算100万以上200万円未満:スズキ ハスラー・ダイハツ タフト
      1. スズキ ハスラー 2019年12月発売モデルの基本情報
      2. スズキ ハスラーの中古車一覧
      3. ダイハツ タフト 2020年06月発売モデルの基本情報
      4. ダイハツ タフトの中古車一覧
    3. 予算100万以上150万円未満以上:ダイハツ ウェイク・トヨタ ピクシスバン
      1. ダイハツ ウェイク 2019年10月発売モデルの基本情報
      2. ダイハツ ウェイクの中古車一覧
      3. トヨタ ピクシスバン 2019年10月発売モデルの基本情報
      4. トヨタ ピクシスバンの中古車一覧
    4. 予算100万円以下:ダイハツ ミライース・スズキ アルト
      1. ダイハツ ミライース 2019年10月発売モデルの基本情報
      2. ダイハツ ミライースの中古車一覧
      3. スズキ アルト 2019年10月発売モデルの基本情報
      4. スズキ アルトの中古車一覧
  5. 買い替えなら一括査定が便利!おすすめ業者3選
  6. 業界最大手ならカーセンサー
    1. サービスの特徴
    2. こんな人におすすめ
  7. やり取りを最小限にしたいならユーカーパック
    1. サービスの特徴
    2. こんな人におすすめ
  8. 楽天ポイントを普段使いしているなら楽天カーサービス
    1. サービスの特徴
    2. こんな人におすすめ

軽自動車の平均購入価格は?

軽自動車の価格は年々高くなっており、現在の平均購入価格は100万円~200万円となっています。特にオプションなどを搭載しなければ100万円前後で収まりますが、最新設備などを搭載すれば200万円前後になります。

ちなみにカーセンサーで2020年10月19日時点で調べたところ、中古ではこちらのような相場になっています。

N-BOXの中古相場

  • 2019年式:90万円~210万円
  • 2018年式:77万円~200万円
  • 2017年式:50万円~200万円
  • 2016年式:40万円 ~180万円
  • 2015年式:35万円~160万円

車両価格以外の費用・維持費は?

軽自動車を所有するにあたり、車両価格の購入金額以外にかかる費用や維持費はいくらになるのでしょうか。自動車税などの税金関連、車検代などを全て一覧にしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

         
項目 平均費用 内容
税金 18,300円 自動車税、自動車重量税
自賠責保険の保険料 20,000円 2年契約の場合
リサイクル料金 5,000円~15,000円 車購入時に支払い。
車登録の代行費用 30,000円~50,000円 車両登録、車庫証明書取得
保証費用 10,000円~100,000円 エンジン不具合や装備品の不調の修理、交換など
車検代 50,000~70,000円 2年ごとの車検登録

購入費用を節約するポイント

車の購入費用を節約する方法は大きく分けて二つあります。一つ目は、車購入時の手続きを自分で行うという方法です。車庫証明の取得や新車登録などは、基本的にディーラーが代行してくれますが、自分で行うことで代行費用を節約できます。

二つ目はディーラーとの値引き交渉です。一般的な値引き価格は車両価格の10%と言われています。もし本体の値引きが難しい場合には、オプションや付属品などをサービスしてもらう交渉をしてみるのをおすすめします。

価格帯別おすすめ軽自動車

予算200万円以上:ホンダ N-BOX・三菱 eKクロススペース

ホンダ N-BOX

【画像提供:カーセンサー 】

ホンダのNシリーズは、国内販売台数第1位を3年連続で獲得した人気モデルです。全タイプに「Honda SENSING」を搭載しているため、安全性能にも期待できます。

ホンダ N-BOX 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 6BA-JF3
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1790mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ホンダ N-BOXの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】
三菱 eKクロススペース

【画像提供:カーセンサー 】

三菱eKクロススペースはレジャーやアウトドアが好きな人向けの装備となっており、水や泥に気にせずラゲッジルームに荷物を積むことができます。全車に「三菱e-Assist」を搭載しており、先進安全装備が充実しています。

三菱 eKクロススペース 2020年03月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 5AA-B34A
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1780mm
販売期間 2020年03月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

三菱 eKクロススペースの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

予算100万以上200万円未満:スズキ ハスラー・ダイハツ タフト

スズキ ハスラー

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ ハスラーはSUVクロスオーバーモデルで、全車がハイブリッド搭載しています。車高が高く、アプローチアングルも計算されているため高い走破性を確保。もしパワーが心配ならターボモデルがおすすめです。

スズキ ハスラー 2019年12月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 5AA-MR92S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1680mm
販売期間 2019年12月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

スズキ ハスラーの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】
ダイハツ タフト

ダイハツ タフトは「グッドデザインアワード2020」を受賞した人気モデルで、前席のルーフがガラス張りの「スカイフィールトップ」が特徴。今までとは違うドライブを楽しめます。

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ タフト 2020年06月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 6BA-LA900S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1630mm
販売期間 2020年06月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ タフトの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

予算100万以上150万円未満以上:ダイハツ ウェイク・トヨタ ピクシスバン

ダイハツ ウェイク

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ ウェイクはDとD "SA Ⅲ"が車両価格150万円以下となっています。室内のシートアレンジが豊富で、車内泊も可能。ラゲージ下には約90Lのアンダートランクが用意されているため、大量の荷物を収納できます。

ダイハツ ウェイク 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-LA700S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1835mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ ウェイクの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】
トヨタ ピクシスバン

【画像提供:カーセンサー 】

トヨタ ピクシスバンは積載能力に優れたモデルで、左右スライドドアと低床設計によって重い荷物も簡単に積むことができます。衝突回避支援ブレーキ機能や衝突警報機能など、安全性能も充実しています。

トヨタ ピクシスバン 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 EBD-S321M
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1765mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

トヨタ ピクシスバンの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

予算100万円以下:ダイハツ ミライース・スズキ アルト

ダイハツ ミライース

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ ミライースは燃費性能に優れており、JC08モード(2WD)では34.2km/L~35.2km/Lとトップクラスの低燃費です。スマートアシストⅢは予防安全性能評価で「ASV++」を獲得しています。

ダイハツ ミライース 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 5BA-LA350S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1500mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ ミライースの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】
スズキ アルト

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ アルトは車両価格が863,500円〜と低価格に設定されているにも関わらず、「スズキセーフティサポート」による高い安全性能を誇る人気車です。フロントガラスにはUVカットが採用、そのほかには電動格納式リモコンドアミラーが装備されています。

スズキ アルト 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-HA36S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1475mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

スズキ アルトの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

買い替えなら一括査定が便利!おすすめ業者3選

車を買い替えたいと考えているなら、ぜひ今の車を一括査定に出してみましょう。一括査定では様々な業者から見積もりがもらえるため、一番高い金額で売却することが可能です。

ここでは一括査定でおすすめの業者を3つご紹介します。

  • 一括で査定を申し込めるので手間がかからない
  • 複数の業者の見積もりを比較できる
  • 地域によっては出張買取を申し込める

業界最大手ならカーセンサー

カーセンサーはリクルートが運営している中古車情報サイトで、一括査定サイトの中でも最大手です。最短90秒で申し込みが可能、最大30社の査定額を比較できるため納得できる金額で売却できます。

サービスの特徴

  • 業界最大手の安心感
  • 最大30社の見積もりを比較可能
  • カーセンサーだけの買取業者も参加

こんな人におすすめ

  • 一括査定を利用したことがないため大手に依頼したい人
  • 多くの業者と比較したい人
  • メールでやり取り行いたい人

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

やり取りを最小限にしたいならユーカーパック

ユーカーパックはオークション形式のサービスで、一度査定を依頼したらそのあとはオークションに出品し売却できるのを待つだけです。やり取りは買い手と行うのではなく、全てユーカーパックと行うため、様々な業者に個人情報を渡したり煩雑なやり取りをしなくてすみます。

サービスの特徴

  • オークション形式なので相場より高く売れる可能性がある
  • 複数の業者とやり取りをしなくて良い
  • オークションの参加業者は約5,000社

こんな人におすすめ

  • オークション形式なので相場より高く売れる可能性がある
  • 複数の業者とやり取りをしなくて良い
  • オークションの参加業者は約5,000社

あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

楽天ポイントを普段使いしているなら楽天カーサービス

楽天カーサービスは、楽天が運営している一括査定サービスです。最大の特徴としては申し込み時と成約時に楽天ポイントがもらえるシステム。普段から楽天のサイトを利用している人にはうってつけです。また、売却方法は一括査定とオークション形式を選択できます。

サービスの特徴

  • 申し込み時と成約時に楽天ポイントがもらえる
  • オークション形式と一括査定形式の2つから選択できる
  • 買取相場が確認できる

こんな人におすすめ

  • 普段から楽天のサイトを利用している人
  • 売却方法で悩んでいる人
  • 買取相場と比較したい人

楽天の愛車一括査定!もれなくポイントプレゼント!

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっ

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ