クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

【決定版】軽自動車の廃車手続きが丸分かり!必要書類や流れについて徹底解説!

車の事故や故障など、廃車の手続きが必要なるケースはさまざまありますよね。本記事では、特に軽自動車の処分について解説します。

廃車方法は2種類、①永久抹消登録、②一時抹消登録。手続き方法としては3種類、①自分で行う場合、②ディーラーに依頼する場合、③廃車買取業者に依頼する場合があります。それぞれの所用日数や費用について紹介、状況によりどの方法がかしこい選択なのか説明します。軽自動車を廃車する前にぜひ参考にしてみてくださいね。

目次
  1. 軽自動車の廃車方法は2種類ある!それぞれの方法について
    1. 【廃車方法1】一時抹消登録(自動車検査証返納)
    2. 【廃車方法2】永久抹消登録(解体返納)
  2. 書類は「軽自動車検査協会」に提出。それってどこにあるの?
  3. 廃車手続きは自分でもできる!全体の流れ
    1. 一時抹消登録の全体の流れ
    2. 永久抹消登録の全体の流れ
  4. 一時抹消登録までの詳しい流れ
    1. STEP1:ナンバープレートを外す(所要時間:30分程度)
    2. STEP2:事前に準備するもの(所要時間:1時間程度)
    3. STEP3:軽自動車検査協会で書類を入手する(所要時間:1時間程度)
    4. STEP4:ナンバープレートを返却する(所要時間:30分程度)
    5. STEP5:軽自動車検査協会窓口に書類を提出する(所要時間:1時間程度)
    6. STEP6:税申告窓口に書類提出(所要時間:30分~1時間程度)
    7. 一時抹消登録手続きは書類の再発行などがなければ最短1日で完了!目安は1~3日。
  5. 永久登録抹消(解体返納)までの詳しい流れ
    1. STEP1:ナンバープレートを外す(所要時間:30分程度)
    2. STEP2:解体業者に依頼する(所要日数:2~7日程度)
    3. STEP3:必要書類を準備する(所要時間:1~2時間程度)
    4. STEP4:軽自動車検査協会で必要書類を入手する(所要時間:1時間程度)
    5. STEP5:ナンバープレートを返却する(所要時間:1時間)
    6. STEP6:軽自動車検査協会窓口に書類を提出する(所要時間:1~2時間程度)
    7. 永久抹消登録では解体に時間がかかる!目安は2~8日前後程度。
  6. 廃車手続きは委託できる?お任せで完了したい場合
    1. 信頼性はピカイチ!ディーラーに依頼する場合
    2. 面倒な手間は一切なし!廃車買取業者に依頼する場合
  7. おすすめ廃車買取会社3社を徹底比較
  8. カーネクスト
    1. サービスの特徴
    2. こんな人におすすめ
  9. 廃車ラボ
    1. サービスの特徴
    2. こんな人におすすめ
  10. 廃車本舗
    1. サービスの特徴
    2. こんな人におすすめ
  11. 中でもおすすめは業界トップクラス【カーネクスト】

軽自動車の廃車方法は2種類ある!それぞれの方法について

軽自動車の廃車方法は2種類、一時抹消登録と永久抹消登録があります。車を今後どうするのかにより手続きを選びますが、必要書類や費用も全く異なります。どのような状況だとどちらの手続きになるのか、詳しく見て行きましょう。

【廃車方法1】一時抹消登録(自動車検査証返納)

一般的な廃車方法が一時抹消登録です。一時の抹消登録になるので、再度登録すればまたナンバーの取得が可能です。

【廃車方法2】永久抹消登録(解体返納)

今後ナンバーを取得しない場合の廃車方法。車は解体、スクラップされて鉄に戻ります。

書類は「軽自動車検査協会」に提出。それってどこにあるの?

軽自動車検査協会とは、国に代わり軽自動車に関わる手続きを行う、特別民間法人のこと。車検や新規登録などの検査事務、住所変更などの各種手続きが可能です。各都道府県にあり、軽自動車の安全性と環境保全のための検査事務を行っています。

最寄りの軽自動車検査協会を検索する

廃車手続きは自分でもできる!全体の流れ

どちらの手続きも実は自分でもできるのです。ざっくりとした流れは以下の通りです。

一時抹消登録の全体の流れ

  1. ナンバープレートを外す
  2. 自動車検査証(原本)、ナンバープレート(2枚)、認印を持って軽自動車検査協会へ行く
  3. 軽自動車検査協会で、OCRシート系第4号様式、軽自動車税申告書の3点を入手する(手数料350円)
  4. ナンバープレートを返却する
  5. それぞれの書類に記入し、窓口へ提出する
  6. 自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書を受け取る
  7. 税申告窓口に書類を提出する

永久抹消登録の全体の流れ

  1. ナンバープレートを外す
  2. 車を業者に解体してもらう(解体料金0~30,000円、レッカー料金15,000円程度)
  3. 解体依頼時にもらう、使用済自動車引取証明書を保管しておく
  4. 解体報告を受ける
  5. 自動車検査証(原本)、ナンバープレート(2枚)、認印、使用済自動車引取証明書を持って軽自動車検査協会へ行く
  6. 軽自動車検査協会で、解体届出書(OCRシート系第4号の3)、軽自動車税申告書の2点を入手する
  7. ナンバープレートを返却する
  8. それぞれの書類に記入し、窓口へ提出する

それでは、詳しく解説していきますね。

一時抹消登録までの詳しい流れ

自分で手続きを行う場合、完了まで1~3日程度が目安となります。書類提出の手続き自体は1日で済みます。ただし、手続きは平日のみになりますので自分で行けない場合は、委任状の準備が必要となります。

STEP1:ナンバープレートを外す(所要時間:30分程度)

手続きには前後のナンバープレート、計2枚が必要です。ドライバーで簡単に外すことができます。

外すタイミングは書類を提出に行く前。軽自動車検査協会に行って、駐車場で外すのはNGです。なぜなら、ナンバープレートを外してしまった車を運転してはならないからです。注意しましょう。

STEP2:事前に準備するもの(所要時間:1時間程度)

事前に準備するものは3点です。万が一、車検証を紛失した場合には、必ず再発行が必要。運輸支局(陸運局)での再発行が可能です。

  • 所有者の認印
  • 自動車検査証(原本)
  • ナンバープレート(前後)

地域の運輸支局によって発行までの手順が違うことがあるため、管轄の運輸支局へ事前に問い合わせておきましょう。また、平日のみの受付となるので、もし車の所有者本人が手続きを行えない場合は、委任状などの必要書類をインターネットからダウンロードしておき、記入する作業が必要となります。

STEP3:軽自動車検査協会で書類を入手する(所要時間:1時間程度)

準備した書類を持って軽自動車検査協会へ向かいましょう。協会内で追加入手する書類は3点です。OCRシート第4号様式(軽自動車検査証返納確認書付き)には、使用者の押印または署名を済ませ提出の準備をします。

  • OCRシート第4号様式(軽自動車検査証返納確認書付き)
  • 軽自動車税申告書
  • 自動車検査証返納証明書交付(発行手数料:350円)

STEP4:ナンバープレートを返却する(所要時間:30分程度)

協会内のナンバー返却窓口で、ナンバープレートを返却します。

STEP5:軽自動車検査協会窓口に書類を提出する(所要時間:1時間程度)

続いて準備した書類を提出していきます。不備がなければ、自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書の2点がもらえます。

  • OCRシート第4号様式(軽自動車検査証返納確認書付き)※押印または署名済
  • 自動車検査証(原本)
  • 軽自動車税申告書

STEP6:税申告窓口に書類提出(所要時間:30分~1時間程度)

一時抹消登録が完了したらそのまま協会内の税申告窓口に行き、翌年からの軽自動車税の請求をストップする手続きをとりましょう。軽自動車に関しては、税金の還付金は残念ながらありません。

一時抹消登録手続きは書類の再発行などがなければ最短1日で完了!目安は1~3日。

軽自動車の一時抹消登録は、ひとつひとつは簡単な作業で比較的時間はかかりません。ただし、年度末の2~3月は軽自動車検査協会の繁忙期になるため窓口が非常に混みあい手続きに時間がかかるので申請時期にも注意が必要です。

永久登録抹消(解体返納)までの詳しい流れ

車をもう2度と使用する予定がない方向けの廃車方法となります。完了までの目安は2~8日です。費用としては、車の引き取り・解体費用+運搬費用がかかり、こちらの目安は25,000~45,000円程度で業者や自宅からの運搬距離により異なります。

STEP1:ナンバープレートを外す(所要時間:30分程度)

こちらも前後の計2枚のナンバープレートが必要です。ドライバーで外してしまいましょう。

STEP2:解体業者に依頼する(所要日数:2~7日程度)

まずは解体を依頼しましょう。解体費用は0~30,000円まで依頼先により設定が異なります。

  • 車の解体完了までは手続きはできない。
  • 使用済自動車引取証明書の「リサイクル券番号(移動報告番号)」は必ず保管する。

また、依頼時に受け取る使用済自動車引取証明書に記載されている「リサイクル券番号(移動報告番号)」が後ほど必要になりますので必ず書類を保管をしておいてください。一時抹消登録と違い、車の解体を待つ必要があり業者や工場の兼ね合いから一週間前後かかります。特に解体業者の繁忙期である3月頃はさらに時間がかかる可能性もあるので、依頼時期に注意しましょう。

STEP3:必要書類を準備する(所要時間:1~2時間程度)

解体を待っている間に、事前に必要な書類を準備しましょう。万が一、車検証を紛失した場合には、必ず再発行が必要。運輸支局(陸運局)での再発行が可能です。

  • 自動車検査証(原本)
  • 認印(実印でなくてOK)
  • ナンバープレート 2枚

印鑑は認印で問題なく、実印ではないので印鑑証明等も不要となります。また、ローンなどで購入している車は、車検証に記載の使用者と所有者が異なる場合があります。その際は所有者へ「所有権を解除したい」旨を連絡し手続きを済ませておきましょう。

STEP4:軽自動車検査協会で必要書類を入手する(所要時間:1時間程度)

解体が完了したら、準備した必要書類を持って軽自動車検査へ向かいましょう。協会内で追加入手する書類は2点です。OCRシート第4号様式の3には、使用者の認印の押印または署名、さらに所有者の認印の押印または署名が必要です。

  • 軽自動車税申告書
  • 解体届出書(OCRシート系第4号様式の3)

STEP5:ナンバープレートを返却する(所要時間:1時間)

協会内のナンバー返却窓口で、ナンバープレートを返却します。

STEP6:軽自動車検査協会窓口に書類を提出する(所要時間:1~2時間程度)

軽自動車検査協会で入手できる書類は2点です。OCRシート第4号様式の3には、使用者の認印の押印または署名、さらに所有者の認印の押印または署名の上、提出しましょう。

  • 軽自動車税申告書
  • 解体届出書(OCRシート系第4号様式の3)

永久抹消登録では解体に時間がかかる!目安は2~8日前後程度。

書類準備・手続きは1日程度で完了します。永久抹消登録はとにかく解体を待たなければならないので少々時間がかかります。費用としては、解体料金が0~30,000円程度、不動車の場合はレッカー料金も必要で15,000円程度ですが運搬距離や会社により異なります。一時抹消登録とは違い、車を解体しなければならない分費用がかかりますね。

廃車手続きは委託できる?お任せで完了したい場合

ここまでは自分で廃車手続きをする方法について解説しましたが、依頼することも可能です。ここからは、ディーラーに依頼する場合と廃車買取業者へ依頼する場合の2種類の方法について紹介します。

信頼性はピカイチ!ディーラーに依頼する場合

ディーラーに依頼する一般的なケースとしては、新車に買い替えると同時に廃車の手配も任せるというもの。手間はかかりませんが、代行手数料が目安として2万円前後発生します。店舗により異なりますが、無料ということはないようです。

面倒な手間は一切なし!廃車買取業者に依頼する場合

時間がなく、平日に自分で動くことができない方にオススメなのが廃車買取業者への依頼。事故車両なども引き取ってもらえます。

ディーラーと違い、基本的に無料で代行してもらえ、会社によっては買い取ってもらえる場合もあります。ただし、トラブルが発生する場合もあり、車を解体せずに売りに出してしまい解体証明書を発行してもらえないケースも。依頼する場合は大手にするか、よく口コミを調べてからにした方がいいでしょう。

おすすめ廃車買取会社3社を徹底比較

ここでオススメの廃車買取会社を3社紹介します。それぞれの特徴などについて解説。基本的には、複数社で相見積もりを取り、引取額買取額ともに損がない会社で手続きをすることが一番かしこい方法です。参考にしてみてください。

カーネクスト

カーネクストは株式会社ラグザス・クリエイトが運営。廃車にかかる費用が一切無料の全国対応の廃車買取会社です。書類の記入や運輸支局への提出などの廃車手続きも無料で代行してくれます。はじめて廃車をするという方にも廃車買取専門スタッフが年中無休でサポートしれくれ、時間や手間をかけずに廃車することが可能です。

車検証を準備電話もしくは、公式サイトの査定フォームより問合せて依頼をします。相談・査定は無料なので、まずは問合せてみてくださいね。

料金の安さ ★★★★★
サイトの使いやすさ ★★★★★
走行距離の上限 なし

サービスの特徴

  • どんな車でも0円以上で買取
  • 廃車手続きの代行費用、レッカー引取費用も全て無料!
  • 全国対応可能!

こんな人におすすめ

  • 他では廃車費用が発生すると言われてしまった。
  • 面倒な手続きは任せたい。
  • 時間をかけずに廃車を完了させたい!

どんな車も高価買取!廃車買取のカーネクスト

廃車ラボ

廃車ラボは株式会社ECOLOGY SYSTEMが運営する廃車買取会社です。廃車手続きを完全無料で代行、全国どこでも引取り可能。さらに、車を自分で持ち込むとキャッシュバックがもらえます!

まずは、電話もしくはメールで問合せて査定を受けます。こちらも相談・査定は無料なので気になる方は下記よりどうぞ!

料金の安さ ★★★★★
サイトの使いやすさ ★★★★☆
走行距離の上限 なし

サービスの特徴

  • 全国どこでも引取可能!
  • 廃車手続きの代行費用無料!
  • 車を自分で持ち込むとキャッシュバックあり!

こんな人におすすめ

  • 自分で車を持ち込める
  • 他社の査定で引取ができないと言われた
  • 鍵がない、エンジンがかからないなどの難アリ車を処分したい

廃車・買取なら引き取り・手続き無料の「廃車ラボ」

廃車本舗

廃車本舗はアイ・エッチ・エム・トレイド株式会社が運営している、廃車・中古車専門の買取業者。自社の自動車リサイクル工場を保持、中間業者を通さない直接買取のため、高価買取が期待できます。ただし、夜間・日曜の引取ができないため、注意してください。

電話か下記公式サイトより無料査定を申し込めます。まずは問い合わせてみてくださいね。

料金の安さ ★★★★★
サイトの使いやすさ ★★★★☆
走行距離の上限 なし

サービスの特徴

  • 10年落ちの車や10万km越えの過走行の車も高価買取実績あり!
  • 廃車費用は一切無料!
  • 廃車本舗は自社リサイクル工場を持っているので、直接買取が可能!

こんな人におすすめ

  • 他社の買取額に納得いかなかった
  • 事故車や不動車、年代物の車を処分したい
  • 平日に引取対応できる

廃車買取なら廃車本舗!

中でもおすすめは業界トップクラス【カーネクスト】

紹介した中でもオススメの廃車買取会社はカーネクストです。他社では値段がつかない場合でも、廃車費用を0円に設定。謳い文句である「0円以上の買取額」を保証、実現しています。

業界内でもトップクラスのサービスを受けられ、安心して廃車手続きをしたいという方にぴったりですよ!ぜひご検討くださいね。

関連記事

初めての買い替えでも大丈夫!車の売却での必要書類一覧と再発行方法を徹底解説

車の売却時に必要な書類が実はたくさん必要であることを知っていますか? 普通車では、車検証・自賠責保険証・印鑑登録証明書・自動車税納税証明書・リサイクル兼・実印が必要となります。別途、譲渡証明書・委任

お買い得方法は人による!車は一括で買うのかローンで買うのか解説

車の買い替え時に悩まれることと言えば、「現金で一括」か「ローンで分割」どちらの支払方法での購入がお得なのか?ということだと思います。 本記事では、一括支払いとローン支払いのそれぞれのメリット・デ

車一括査定サイトを徹底比較!2021年最新おすすめ3サイト

車の一括査定が気になるけれど「おすすめの査定サイトが知りたい」「メリット・デメリットがよくわからない」などとお困りではありませんか? この記事では、車の一括査定のポイントや流れをわかりやすく解説した上

災害時での車中泊に必要な知識を徹底解説。車中泊避難の利点や注意点とは?

災害時、わたしたちはどんな状況のときに、車中泊での避難を選択するべきなのでしょうか? 本記事では、車中泊避難のメリット・デメリットについて詳しく解説。最後には車中泊避難に必要なグッズについても紹介し

【決定版】軽自動車の廃車手続きが丸分かり!必要書類や流れについて徹底解説!

車の事故や故障など、廃車の手続きが必要なるケースはさまざまありますよね。本記事では、特に軽自動車の処分について解説します。 廃車方法は2種類、①永久抹消登録、②一時抹消登録。手続き方法としては3種類

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

トップ > 車売却・査定 > 【決定版】軽自動車の廃車手続きが丸分かり!必要書類や流れについて徹底解説!

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ 一括査定 普通車 iQ デイズルークス 廃車買取 中古車買取 車中泊 SUV コンパクトカー ミニバン エクストレイル アウトランダー PHEV CR-V フリード+ シエンタ タンク VOXY セレナ ステップワゴン ピックアップトラック ハイラックス ランドクルーザー70ピックアップ bBオープンデッキ トライトン ストラーダ ダットサン プロシード ファスター ファーゴトラック ロデオ キャンピングカー ハイエース フリード カーリース エルカミーノ ダッジラム ミニクロスオーバー ミニクラブマン ミニコンバーチブル クーパー ミラジーノ オプティ ヴィヴィオビストロ メイフェア ケンジントン クーパー40thアニバーサリー ポールスミス クーペ 2シリーズクーペ 3シリーズクーペ 4シリーズクーペ TT カマロ 86 フェアレディZ GT-R スープラ シルビア コンパクトミニバン ジェイド プレマシー ウィッシュ デリカD3 ノア エスクァイア ヴェルファイア オデッセイ デリカD5 エルグランド アルファード セダン マークX インサイト レガシィB4 アクシオ インプレッサ G4 スカイライン クラウン カムリ GS ES 3シリーズ A8 中古車 クラウンアスリート Cクラス 5シリーズ クラウンロイヤル IS Sクラス LS ステーションワゴン 3シリーズツーリング Cクラスワゴン A4アバント V60 レヴォーグ カローラフィールダー カローラツーリング シャトル レガシィツーリングワゴン ハッチバック ミニ ゴルフ ポロ 1シリーズ Aクラス プリウス リーフ フィット アクア X1 ラングラー Gクラス X3 ハリアー CX-5 XC60 レネゲード 500X UX エクリプスクロス ヴェゼル グッズ アバランチ F-350 240 v40 v70 xc40 xc90 v50 xc70 ヤリスクロス レジェンド アテンザ アクセラ wrx シーマハイブリッド セルシオ チェイサー レジェンド センティア ルーチェ ギャラン デボネア セドリック レパード ラピュタ キックス トッポBJ プリウスα MAZDA6ワゴン C63 E63 C220d C350e C180 3シリーズツーリング カローラレビン シビック ターセル アコード ファミリア オートザム AZ-3 プリメーラ シルバラード mazda3 カローラ シーマ アリスト ジムニーシエラ CX-3 C-HR GRスポーツ ジューク ランドクルーザー エスクード

TOP