クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > おすすめ車種 > 軽自動車スポーツカー10選!現行モデルから中古の人気モデルまで

軽自動車スポーツカー10選!現行モデルから中古の人気モデルまで

スポーツカーが欲しいけど、値段や維持費が心配でなかなか出が出せないという方悩みを抱えている方は多いのでしょうか。そこで今回は、普通車に比べて税金が安い軽自動車のスポーツカーモデルでオススメの10車種をご紹介します。軽自動車でもエンジンやフォルムにこだわったモデルが多いので、普通車にも負けていません。ぜひ参考にしてみてください。

軽自動車スポーツカーとは?

軽自動車でもいわゆるスポーツカーモデルは存在し、車好きから人気を集める車種は多いです。軽自動車の規格に収まるギリギリの排気量や車体の軽量化、最新の安全性能を兼ね備えたモデルも多くあるため、普通車に負けず劣らずの性能を持っています。また、軽自動車は普通車に比べて税金面での優遇があるため、維持費もそこまでかからず浮いたお金でカスタマイズをするファンも多いとか。では、軽自動車のスポーツカーモデルを見ていきましょう。

軽自動車ランキング

1位 ホンダ S660

【画像提供:カーセンサー 】

ホンダ S660は660ccの排気量を持つ2ドア2シーターのオープンカーです。また、エンジンをボディの中央部に配置したスポーツカー同様のミッドシップ形式です。軽自動車初の6速MTを採用しているため、マニュアル需要にも応えています。ルーフはロールトップと呼ばれる脱着方式で、オープンにする場合は外して巻いてから収納スペースに格納しますが、走行中に閉めることができない点がデメリットです。中古市場の平均価格は174万円となっており、人気が窺えます。

ホンダ S660 2019年12月発売モデルの基本情報

ボディタイプ オープン
ドア数 -
乗員定員 2名
型式 3BA-JW5
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1180mm
販売期間 2019年12月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ホンダ S660の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

2位 ダイハツ コペン

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ コペンは2ドア2シーターのオープンカーです。現行モデルは「XPLAY」・「Robe」・「Cero」の3種類が用意されており、ユーザーの好みで選ぶことができます。また、ボディのパーツの一部が樹脂で作成されており、「DRESS-FORMATION」と呼ばれる方式で購入してから好みに合わせてパーツ変更を行うことが可能です。また、ルーフは軽自動車の中でも珍しい電動式というのもメリットです。中古市場の平均価格は102万円となっています。

ダイハツ コペン 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ オープン
ドア数 -
乗員定員 2名
型式 3BA-LA400K
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1280mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ コペンの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

3位 スズキ アルトワークス

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ アルトワークスのトランスミッションは5速MTかAGSの2種類から選ぶことができ、2WDと4WDが用意されています。ボディの重量は約670kgとなっており、その軽量さから軽自動車とは思えない速さとJC08モードで23.6km/l(2WD・5AGS)と低燃費を実現しています。また、「スズキセーフティサポート」搭載のため、安全性能の面でも期待できます。中古市場の平均価格は45万円となっています。

スズキ アルトワークス 1999年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 GF-HA12S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1450mm
販売期間 1999年10月~2000年12月
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

スズキ アルトワークスの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

4位 ダイハツ キャストスポーツ

ダイハツ キャストスポーツはキャストの中でもスポーツタイプを意識して開発されたモデルです。通常モデルと特に異なっているのはエクステリアで、専用のエンブレム、フロント部分のLEDランプとダークメッキ加工のフロントグリル、FF車には専用の 16インチアルミホイールが採用されています。また、ところどころにアクセントカラーであるレッドを使用しており、スポーティさを演出。中古市場の平均価格は110万円となっています。

5位 スズキ カプチーノ

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ カプチーノは2ドア2シーターのオープンカーで、1991年から1998年に販売されました。当時人気だったAZ-1とビートと合わせて「ABCトリオ」と呼ばれ、軽自動車スポーツカーの座を争っていました。駆動系やホイールにアルミ合金を使用しボディを軽量化させることに成功。そしてルーフは分割構造になっているため、フルオープンやTバールーフなど四段階で楽しむことが可能です。中古市場の平均価格は75万円となっています。

スズキ カプチーノ 1995年05月発売モデルの基本情報

ボディタイプ オープン
ドア数 -
乗員定員 2名
型式 E-EA21R
全長×全幅×全高 3295× 1395× 1185mm
販売期間 1995年05月~1997年12月
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

スズキ カプチーノの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

6位 ホンダ ビート

【画像提供:カーセンサー 】

ホンダ ビートは1991年から1996年まで販売されていた、2ドア2シーターのオープンカーです。上で紹介したS660の原点とも呼べるモデルで、軽自動車初のミッドシップエンジンが搭載されています。エンジンはF1で使用されていたものを応用したシステムを搭載しているため、制限された排気量の中でもトップクラスの出力を誇ります。ビートのルーフは幌になっているため、急な雨でも一旦車を止めればすぐに装着が可能。中古市場の平均価格は64万円となっています。

ホンダ ビート 1991年05月発売モデルの基本情報

ボディタイプ オープン
ドア数 -
乗員定員 2名
型式 E-PP1
全長×全幅×全高 3295× 1395× 1175mm
販売期間 1991年05月~1996年12月
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ホンダ ビートの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

7位 ケータハム セブン160

【画像提供:カーセンサー 】

ケータハム セブン160はイギリスのメーカーでスポーツカーを生産しているケータハムが、日本の軽自動車の企画を採用して作られたモデルです。今まで紹介してきた車とは一風変わっていることが画像からも分かると思いますが、実は軽自動車に当てはまるのです。使用しているエンジンはスズキのジムニーのターボエンジンをチューンナップしたもので5速MTとなっています。エアコンなども搭載されておらず、完全に趣味の車と言えるでしょう。中古市場の平均価格は459万円となっています。

8位 マツダ オートザムAZ-1

【画像提供:カーセンサー 】

マツダ オートザムAZ-1は1992年から1995年まで販売されており、2ドア2シーターのモデルです。総生産台数は5,000台を下回り、現在では入手が困難になっているというレアものです。リアトランクがなく、シートのスライドは行えますがリクライニングは運転席しか行えません。また、ドアが軽自動車で唯一のガルウィングとなっています。そのため、完全な趣味の車と言えるでしょう。中古市場の平均価格は180万円となっています。

9位 ホンダ トゥデイ

【画像提供:カーセンサー 】

ホンダ トゥデイは1985年から1998年に販売されたモデルで、丸目のヘッドライトとフロント・リアが長く設計されていたことが特徴です。また、車高が低く設定されているため、重心が低く軽量のためコーナリングが安定し、軽レースでは大きな活躍を見せました。初代はハッチバック式ですが、2代目はトランクを設けたため、乗用車として愛されるようになりました。中古市場の平均価格は36万円となっています。

ホンダ トゥデイ 1996年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 V-JW3
全長×全幅×全高 3295× 1395× 1330mm
販売期間 1996年10月~1998年09月
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ホンダ トゥデイの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

10位 スバル ヴィヴィオ

【画像提供:カーセンサー 】

スバル ヴィヴィオは1992年から1998年に販売されたモデルです。ハッチバック式の3ドア、5ドア、タルガトップのモデルが存在し、トランスミッションは5速MTとECVT、ATが用意されています。また、多くの派生モデルが登場したことも特徴で、RX-RAはWRCラリーで優勝経験を持っています。タルガトップはスバルの軽自動車唯一のオープンカーとなっており、限定生産されたモデルです。中古市場の平均価格は、通常モデルが47万円、タルガトップは 52万円となっています。

スバル ヴィヴィオ 1997年09月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 E-KK3
全長×全幅×全高 3295× 1395× 1375mm
販売期間 1997年09月~1998年09月
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

スバル ヴィヴィオの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっ

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ