クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

トップ > おすすめ車種 > 軽自動車SUV10選!今人気の車種を徹底比較

軽自動車SUV10選!今人気の車種を徹底比較

軽自動車の中でも特に人気のモデルが、クロスオーバーSUVと呼ばれるものです。アウトドアな雰囲気を醸し出す特徴的なデザインや、雪道や山道などのオフロードを気にせず走る走破性など、レジャーに出かけることが好きな方の需要に応える装備が採用されていることが多いです。そこでこの記事では、軽自動車の中でもSUVモデルとして人気の10車種をご紹介します。

軽自動車SUVとは?

軽自動車の中でも人気を誇るのが、いわゆるクロスオーバーSUVと呼ばれるモデルです。2014年に発売されたスズキ ハスラーをきっかけとして、軽自動車の市場にSUVが参入しました。SUVモデルは他の自動車と比べてエクステリアのデザインが異なっており、ワイルドな印象を受けるようになっています。インテリアにはレジャーで汚れた衣服や靴などを積めるように、防水や防汚処理が施されているなど、工夫が凝っています。では実際に軽自動車SUVの人気モデルを見ていきましょう。

軽自動車ランキング

1位 スズキ ハスラー

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ ハスラーは現行モデルの全グレードがハイブリッド搭載となっているため、燃費にも優しいSUVモデルです。「遊べる軽」というキャッチフレーズ通り、レジャーなどで使い勝手の良い設計になっており、後部座席と助手席を倒すことでサーフボードを積むこともでき、車中泊も可能です。ラゲージスペースのシートは、汚れや水分を拭き取りやすい素材を使用しているため、汚れた靴なども安心して収納することができます。また、中古市場の平均価格は120万円となっており、人気が窺えます。

スズキ ハスラー 2019年12月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 5AA-MR92S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1680mm
販売期間 2019年12月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

スズキ ハスラーの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

2位 三菱 ekクロススペース

【画像提供:カーセンサー 】

三菱 ekクロススペースはekスペースのSUVモデルで、フロントのデザインが特徴的です。メーカーオプションでは樹脂ラゲージボードとPVC仕様の後席シートに変更できるため、泥や水などが付着した荷物を気にせず収納することができます。後部座席はフルフラットにすることができ、キャンプなどの装備を一式積むことが可能。もしオフロードを走ることが多い場合には、4WDを選択しても良いかもしれません。また、中古市場の平均価格は177万円となっています。

三菱 eKクロススペース 2020年03月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 5AA-B34A
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1780mm
販売期間 2020年03月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

三菱 ekクロススペースの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

3位 ダイハツ タフト

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ タフトは角ばったフォルムが特徴のSUVモデルで、前席のルーフがガラスになっている「スカイフィールトップ」が標準装備となっています。最低地上高が190mm確保されているため、オフロードの走破性も期待できます。後席はフルフラットになるため、大きな荷物を積むことが可能、標準状態より140mm下げたフレキシブルボードがあるため、背の高い荷物も安心です。中古市場の平均価格は152万円となっています。

ダイハツ タフト 2020年06月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 6BA-LA900S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1630mm
販売期間 2020年06月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ タフトの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

4位 スズキ ジムニー

【画像提供:カーセンサー 】

スズキ ジムニーは軽SUVの中でも特に人気のあるモデルで、その歴史も古いです。最低地上高は205mmと設定されており、雪道などのオフロードを走る前提での設計となっています。また、ブレーキLSDトラクションコントロールにより片方の車輪が空転しても脱出できるような機能を搭載しています。そのほかにも急な下り坂や上り坂のサポートをしてくれるブレーキシステムも採用されています。中古市場の平均価格は88万円となっています。

スズキ ジムニー 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 3BA-JB64W
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1725mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

スズキ ジムニーの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

5位 ダイハツ キャスト アクティバ

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ キャスト アクティバはキャストのSUV風モデルです。大きなフォグランプとバンパー下のプロテクターから頑丈で強そうな雰囲気が醸し出されています。他のモデルに比べて最低地上高が30mm高く設定されていたり、タイヤが大径であったりオフロードの走破性を意識しています。4WDには標準装備でダウンヒルアシスト制御とグリップサポート制御が搭載されているのも魅力の1つ。中古市場の平均価格は117万円(キャスト)となっています。

6位 スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシアギアは、人気車種であるスペーシアのSUVモデルです。エクステリアには随所にガンメタリック塗装が施されており、アウトドアな印象を受けます。シートは前席撥水加工になっているため、水濡れも安心。リアシートの背面とラゲージスペースは防汚処理が施されているため、レジャーで汚れた荷物も気にせず積むことができます。また、シートは全てフルフラットにできるため車中泊も可能。多彩なアレンジで楽しめるモデルです。

7位 マツダ フレアクロスオーバー

【画像提供:カーセンサー 】

マツダ フレアクロスオーバーはスズキ ハスラーのOEM車になります。3種類のグレードは全てハイブリッド搭載モデルとなっており、低燃費かつエコカー減税対象モデルです。リアシート背面とラゲージルームは防汚処理が施されているため、泥などが付着した靴や衣類も安心して積むことができます。また、ラゲージルームの床の一部が取り外し可能のため、ベビーカーなどの背の高い荷物を積み込めます。安全機能としては、雪道などをサポートするスノーモードやぬかるんだ道路を走るサポートをするグリップコントロールなどが搭載されています。

マツダ フレアクロスオーバー 2020年02月発売モデルの基本情報

ボディタイプ クロカン・SUV
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 5AA-MS92S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1680mm
販売期間 2020年02月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

マツダ フレアクロスオーバーの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

8位 マツダ フレアワゴン タフスタイル

マツダ フレアワゴン タフスタイルはフレアワゴンのSUV風モデルとして派生したものです。特徴的な丸目のヘッドライトにガンメタリック塗装のバンパー、専用アルミホイールによってSUVさを醸し出しています。シート表面は撥水加工が、ラゲージルームには防汚処理が施されているため、汚れた荷物も安心です。また、全グレードがハイブリッド搭載のため、エコカー減税の対象になっているため、燃費の面でも維持費の面でも安心です。

マツダ フレアワゴン 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DAA-MM53S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1785mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

9位 ダイハツ ウェイク

【画像提供:カーセンサー 】

ダイハツ ウェイクのグレードには、レジャーを楽しみたい人のための装備を搭載した「レジャーエディション」が用意されています。レジャーエディションには他グレードよりも1インチ大きい15インチアルミホイールやラゲージルームを2段にできるデッキボードの他に、泥や水で濡れた靴でも乗れるように「イージーケアフロア」が標準装備となっています。また、LEDランプや荷物の固定ベルト、ユーティリティフックなども追加で搭載されています。

ダイハツ ウェイク 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-LA700S
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1835mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

ダイハツ ウェイクの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

10位 トヨタ ピクシスメガ

【画像提供:カーセンサー 】

トヨタ ピクシスメガはスーパーハイトワゴンモデルで、6つのグレードのうち2つが「レジャーエディション」と呼ばれるレジャーやアウトドアに特化したモデルになります。レジャーエディションには、ラゲージルームを上下2段に分割するデッキボードや床面フック、座席とラゲージルームの床面を保護するイージーケアフロアが標準装備となっています。また、両側がパワースライドドアになっていたり、誤発進抑制制御機能などの安全装備を採用しているため、日常使いにも安心です。

トヨタ ピクシスメガ 2019年10月発売モデルの基本情報

ボディタイプ ハッチバック
ドア数 -
乗員定員 4名
型式 DBA-LA700A
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1835mm
販売期間 2019年10月~現在
室内長×室内幅×室内高 -
車両重量 -

トヨタ ピクシスメガの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

関連記事

スズキの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

現在日本で大人気の軽自動車ですが、色々なメーカーから多くの種類が発売されていて自分にはどれが良いのだろうかと悩んでいる方が多いと思います。そこでこの記事では、軽自動車のパイオニアとも言えるスズキの軽自

ホンダの軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

ホンダが展開する「Nシリーズ」は、2017年から2019年の3年連続で国内販売台数第1位を記録している大人気シリーズです。Nシリーズの特徴として、積載性能が高く荷物をたくさん積めることと、低床で車高が

三菱の軽自動車を徹底比較!6車種の最新情報まとめ

三菱は1917年に日本初の量産自動車を開発するなど、自動車業界に革新を与えた自動車メーカーです。軽自動車自体は1960年に発売しました。その後、SUV機能を持たせた「パジェロミニ」や電気軽自動車「i-

日産の軽自動車を徹底比較!5車種の最新情報まとめ

日産は神奈川県横浜市に本社を置く企業で、スズキや三菱とOEM供給を受けて開発した軽自動車が多く、また、三菱と合弁会社「NMKV」を設立しており様々なメーカーと関わりが強い企業になります。さらに2017

ダイハツの軽自動車を徹底比較!8車種の最新情報まとめ

ダイハツは日本の中で最古の歴史を持つメーカーということをご存知でしたか?ダイハツは主に軽自動車やコンパクトカーなどに注力しているメーカーになります。特に軽自動車の販売台数においては、スズキと互角となっ

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ コペン ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ