クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

中古車は安いだけじゃない!本当に欲しい車が適正価格で手に入れられる

「購入費用や維持費を抑えたい」

「新車にこだわりが無いからコスパが良い中古車が欲しい」

最近では軽自動車の需要が増え、特に費用を抑えるために中古車を選択する人が増えてきています。 しかし、中古車は選択肢が多すぎてどれを選んで良いか分からないという悩みを抱えていませんか?

この記事ではおすすめの中古車と共に、探し方のポイントについても詳しく解説します。

目次
  1. 中古の軽自動車を探す醍醐味とは
  2. 知っておけば損しない!狙い目の中古車を見つけるポイント
    1. ポイント①新型車発表があった車種
    2. ポイント②未使用の中古車「新古車」
      1. 新古車の見つけ方
    3. ポイント③修復歴の有無
  3. 中古の軽自動車おすすめ6車種
    1. おすすめ① カスタムが光る唯一無二のモデル探しを楽しむなら:ジムニー・ハスラー
      1. スズキ ジムニーのクチコミ
      2. スズキ ジムニーの中古車一覧
      3. スズキ ハスラーのクチコミ
      4. スズキ ハスラーの中古車一覧
    2. おすすめ② 他にはない個性派デザインを楽しもう:コペン・S660
      1. ダイハツ コペンのクチコミ
      2. ダイハツ コペンの中古車一覧
      3. スズキ S660のクチコミ
      4. ホンダ S660の中古車一覧
    3. おすすめ③かわいいデザインを低価格で:ムーヴキャンバス・モコ
      1. ダイハツ ムーヴキャンバスのクチコミ
      2. ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車一覧
      3. 日産 モコのクチコミ
      4. 日産 モコの中古車一覧
  4. 買い替えで愛車を売るなら一括査定。おすすめ業者3選
  5. 最大手ならカーセンサー
    1. サービスの特徴
    2. こんな人におすすめ
  6. 1回の査定で済ませたいならユーカーパック
    1. サービスの特徴
    2. こんな人におすすめ
  7. 楽天ユーザーなら楽天カーサービス
    1. サービスの特徴
    2. こんな人におすすめ
  8. カーリースの利用を検討しよう
    1. カーリースのメリット・デメリット
  9. オススメのカーリースサイト3選
    1. おトクにマイカー 定額カルモくん
    2. SOMPOで乗ーる
    3. コスモMyカーリース

中古の軽自動車を探す醍醐味とは

欲しい車がピンポイントに安くなっているかも!唯一無二のクルマとの出会いを楽しむ

人気車は中古市場でもあまり値下がりしていないことが多いですが、人気車の中でも比較的需要の少ないカラーリングや装備のモデルは、値段が落ちている可能性があります。

特に新型モデルが発表された車種は、現行モデルの装備などが新しくても値段が下がる傾向にあります。

もし自分の欲しい車が古い型のモデルだったり、生産中止されているモデルの場合は積極的に中古市場を探してみましょう。想像していたよりも価格を抑えて購入できる可能性があります。

コチラもおすすめ
ハイブリッド人気モデルの軽自動車10選!エコ&低燃費の魅力
税金が安く小回りの効く軽自動車は人気が高く購入の候補にも入りやすいと思います。現在軽自動車にもハイブリッドモデルが発売されていることをご存知でしたか?ハイブリッドカーであれば「エコカー減税」など税制面での優遇措置を受けられて、しかも燃費も優れているためメリットが多いです。そこでこの記事では、軽自動車でハイブリッドモデルがある人気車種をご紹介します。ぜひ購入の際に参考にしてみてください。 ハイブリッド軽自動車とは ハイブリッド軽自動車を紹介する前に、ハイブリッドとは何かについて簡単に解説します。ハイブリッドカーとは2つの動力源を持つ車で、ガソリンエンジン以外に電気モーターを搭載しています。通常走行はガソリンで、低速になったら電気に切り替えることで低燃費を実現しました。最初にヒットしたのはトヨタから発売された「プリウス」で、その後日産やホンダ・スズキからもハイブリッドカーが発売されました。 軽自動車ランキング 1位 スズキ ハスラー 【画像提供:カーセンサー 】 スズキ ハスラーは2014年に発売されたモデルで、2020年にモデルチェンジされました。現行モデルは全グレードにマイルドハイブリッドが搭載されています。燃費については「HYBRID X」と「HYBRID G」では25.0km/lでエコカー減税とグリーン税制の対象となっており、ターボ搭載モデルは22.6km/lとなっています。現行モデルの安全性能は「スズキセーフティサポート」を搭載しているため、日常的な使用から長距離のドライブでもサポートしてくれます。 [new_car_spec_type_a "ハスラー"] [usedcar_type_a "ハスラー"] 2位 スズキ スペーシア 【画像提供:カーセンサー 】 スズキ スペーシアは2008年に発売されたハイトワゴンで、2017年にフルモデルチェンジが行われました。現行モデルは「HYBRID X」と「HYBRID G」の2種類で、両方がハイブリッド車となっています。2WDのHYBRID GはWLTCモードの燃費が22.2km/lで、軽のハイトワゴンの中ではトップクラスの低燃費を実現。エコカー減税とグリーン税制の対象にもなっています。 [new_car_spec_type_a "スペーシア"] [usedcar_type_a "スペーシア"] 3位 スズキ ワゴンR 【画像提供:カーセンサー 】 スズキ ワゴンRは1993年に発売された人気モデルで、2017年に発売されたモデルからマイルドハイブリッド搭載車にフルモデルチェンジが行われました。現行モデルでは、「FA」・「HYBRID FX」・「HYBRID FZ」となっており、3種類のうち2種類がハイブリッド車となっています。ハイブリッドモデルのWLTCモードでは25.2km/lと軽ワゴンの中でトップクラスの低燃費を実現しています。 [new_car_spec_type_a "ワゴンR"] [usedcar_type_a "ワゴンR"] 4位 日産 デイズ 【画像提供:カーセンサー 】 日産 デイズは2013年に発売されたモデルで、現行モデルのスマートシンプルハイブリッド搭載車は「X」・「S」以外になります。スマートシンプルハイブリッドとは、減速する際のエネルギーを利用してリチウムイオンバッテリーに充電を行うことで、ガソリンを節約することができます。安全性能技術も高く、高速道路でアクセルやブレーキ・ハンドルのサポートなどを行ってくれます。 [new_car_spec_type_a "デイズ"] [usedcar_type_a "デイズ"] 5位 日産 ルークス 【画像提供:カーセンサー 】 日産 ルークスは2020年に発売されたスーパーハイトワゴンで、全グレードでスマートシンプルハイブリッド搭載です。燃費の面ではWLTCモードでは20.8km/l(2WD・BR06エンジン)となっています。特徴的な性能として、自動で2WDと4WDを切り替えるフルタイム4WDや、雨や雪の日のようなぬかるんだ道路で活躍するブレーキLSD機能などがグレード別で搭載されています。 [new_car_spec_type_a "ルークス"] [usedcar_type_a "ルークス"] 6位 三菱 ekスペース 【画像提供:カーセンサー 】 三菱 ekスペースは全グレードにマイルドハイブリッドが搭載されています。グレードは「M」・「G」・「T」の3種類で、GでのWLTCモードでは20.8km/lです。また、MとGでは重量税が25%減税対象になっています。便利機能としては、助手席側の扉をキーレスオペレーションキーと所持していた状態で、足先を扉の下に入れて引くと自動で開閉することができます。そのため、荷物で両手がふさがった状態でも安心です。 [new_car_spec_type_a "ekスペース"] [usedcar_type_a "ekスペース"] 7位 マツダ フレア 【画像提供:カーセンサー 】 マツダ フレアは2017年にフルモデルチェンジを行い、全グレードがマイルドハイブリッド車となりました。WLTCモードでは25.2km/l(2WD)となっており、高水準の低燃費となっています。安全性能の面では全方位モニター用カメラや誤発進抑制機能・後退時ブレーキサポートによる危険予防やデュアルセンサーブレーキサポートで夜間の歩行者も検知します。また、ラゲージルームにはリアシートを倒せば自転車などの大型荷物を積むことも可能です。 [new_car_spec_type_a "フレア"] [usedcar_type_a "フレア"] 8位 マツダ フレアワゴン 【画像提供:カーセンサー 】 マツダ フレアは2012年に発売され、2017年のフルモデルチェンジの際にマイルドハイブリッドが採用。現行モデルでは全てのグレードがハイブリッド車となっています。スズキのスペーシアのOEM供給を受けているため、基本的な機能はスペーシア同様となっています。燃費の面ではWLTCモードで22.2km/l(HYBRID XG)となっています。安全性能の面では、アクセルの踏み間違いによる急発進を抑制したり、バックの時にブレーキサポートが働きます。 [new_car_spec_type_a "フレアワゴン"] [usedcar_type_a "フレアワゴン"] 9位 マツダ フレアクロスオーバー 【画像提供:カーセンサー 】 マツダ フレアクロスオーバーは2014年に発売されたモデルで、スズキ「ハスラー」のOEM供給車です。現行モデルは全グレードがマイルドハイブリッド車になっています。燃費の面では「HYBRID XG」・「HYBRID XS」のWLTCモードで22.6~25.0km/l(2WD)となっています。便利機能ではステアリングでシフトチェンジが行える機能やぬかるみにタイヤが取られた時のグリップコントロールなどが搭載されています。 [new_car_spec_type_a "フレアクロスオーバー"] [usedcar_type_a "フレアクロスオーバー"] 10位 三菱 ekクロススペース 【画像提供:カーセンサー 】 三菱 ekクロススペースは2020年に発売されたモデルで、先ほど紹介したekスペースのSUV風モデルになります。グレードは「T」・「G」・「M」の3種類で、全グレードがマイルドハイブリッド車となっており、GのWLTCモデルでは20.8 km/l(2WD)です。メタリックなフロントグリルと開放的な車内空間が特徴です。便利機能ではハンズフリーオートスライドドアや汚れた荷物も置ける樹脂ラゲージボード、プラズマクラスター付きのリヤサーキュレーターなどが採用されています。 [new_car_spec_type_a "ekクロススペース"] [usedcar_type_a "ekクロススペース"]
軽自動車SUV10選!今人気の車種を徹底比較
軽自動車の中でも特に人気のモデルが、クロスオーバーSUVと呼ばれるものです。アウトドアな雰囲気を醸し出す特徴的なデザインや、雪道や山道などのオフロードを気にせず走る走破性など、レジャーに出かけることが好きな方の需要に応える装備が採用されていることが多いです。そこでこの記事では、軽自動車の中でもSUVモデルとして人気の10車種をご紹介します。 軽自動車SUVとは? 軽自動車の中でも人気を誇るのが、いわゆるクロスオーバーSUVと呼ばれるモデルです。2014年に発売されたスズキ ハスラーをきっかけとして、軽自動車の市場にSUVが参入しました。SUVモデルは他の自動車と比べてエクステリアのデザインが異なっており、ワイルドな印象を受けるようになっています。インテリアにはレジャーで汚れた衣服や靴などを積めるように、防水や防汚処理が施されているなど、工夫が凝っています。では実際に軽自動車SUVの人気モデルを見ていきましょう。 軽自動車ランキング 1位 スズキ ハスラー 【画像提供:カーセンサー 】 スズキ ハスラーは現行モデルの全グレードがハイブリッド搭載となっているため、燃費にも優しいSUVモデルです。「遊べる軽」というキャッチフレーズ通り、レジャーなどで使い勝手の良い設計になっており、後部座席と助手席を倒すことでサーフボードを積むこともでき、車中泊も可能です。ラゲージスペースのシートは、汚れや水分を拭き取りやすい素材を使用しているため、汚れた靴なども安心して収納することができます。また、中古市場の平均価格は120万円となっており、人気が窺えます。 [new_car_spec_type_a "ハスラー"] [usedcar_type_a "ハスラー"] 2位 三菱 ekクロススペース 【画像提供:カーセンサー 】 三菱 ekクロススペースはekスペースのSUVモデルで、フロントのデザインが特徴的です。メーカーオプションでは樹脂ラゲージボードとPVC仕様の後席シートに変更できるため、泥や水などが付着した荷物を気にせず収納することができます。後部座席はフルフラットにすることができ、キャンプなどの装備を一式積むことが可能。もしオフロードを走ることが多い場合には、4WDを選択しても良いかもしれません。また、中古市場の平均価格は177万円となっています。 [new_car_spec_type_a "ekクロススペース"] [usedcar_type_a "ekクロススペース"] 3位 ダイハツ タフト 【画像提供:カーセンサー 】 ダイハツ タフトは角ばったフォルムが特徴のSUVモデルで、前席のルーフがガラスになっている「スカイフィールトップ」が標準装備となっています。最低地上高が190mm確保されているため、オフロードの走破性も期待できます。後席はフルフラットになるため、大きな荷物を積むことが可能、標準状態より140mm下げたフレキシブルボードがあるため、背の高い荷物も安心です。中古市場の平均価格は152万円となっています。 [new_car_spec_type_a "タフト"] [usedcar_type_a "タフト"] 4位 スズキ ジムニー 【画像提供:カーセンサー 】 スズキ ジムニーは軽SUVの中でも特に人気のあるモデルで、その歴史も古いです。最低地上高は205mmと設定されており、雪道などのオフロードを走る前提での設計となっています。また、ブレーキLSDトラクションコントロールにより片方の車輪が空転しても脱出できるような機能を搭載しています。そのほかにも急な下り坂や上り坂のサポートをしてくれるブレーキシステムも採用されています。中古市場の平均価格は88万円となっています。 [new_car_spec_type_a "ジムニー"] [usedcar_type_a "ジムニー"] 5位 ダイハツ キャスト アクティバ 【画像提供:カーセンサー 】 ダイハツ キャスト アクティバはキャストのSUV風モデルです。大きなフォグランプとバンパー下のプロテクターから頑丈で強そうな雰囲気が醸し出されています。他のモデルに比べて最低地上高が30mm高く設定されていたり、タイヤが大径であったりオフロードの走破性を意識しています。4WDには標準装備でダウンヒルアシスト制御とグリップサポート制御が搭載されているのも魅力の1つ。中古市場の平均価格は117万円(キャスト)となっています。 [new_car_spec_type_a "キャストアクティバ"] [usedcar_type_a "キャストアクティバ"] 6位 スズキ スペーシアギア スズキ スペーシアギアは、人気車種であるスペーシアのSUVモデルです。エクステリアには随所にガンメタリック塗装が施されており、アウトドアな印象を受けます。シートは前席撥水加工になっているため、水濡れも安心。リアシートの背面とラゲージスペースは防汚処理が施されているため、レジャーで汚れた荷物も気にせず積むことができます。また、シートは全てフルフラットにできるため車中泊も可能。多彩なアレンジで楽しめるモデルです。 [new_car_spec_type_a "スペーシアギア" ] [usedcar_type_a "スペーシアギア"] 7位 マツダ フレアクロスオーバー 【画像提供:カーセンサー 】 マツダ フレアクロスオーバーはスズキ ハスラーのOEM車になります。3種類のグレードは全てハイブリッド搭載モデルとなっており、低燃費かつエコカー減税対象モデルです。リアシート背面とラゲージルームは防汚処理が施されているため、泥などが付着した靴や衣類も安心して積むことができます。また、ラゲージルームの床の一部が取り外し可能のため、ベビーカーなどの背の高い荷物を積み込めます。安全機能としては、雪道などをサポートするスノーモードやぬかるんだ道路を走るサポートをするグリップコントロールなどが搭載されています。 [new_car_spec_type_a "フレアクロスオーバー"] [usedcar_type_a "フレアクロスオーバー"] 8位 マツダ フレアワゴン タフスタイル マツダ フレアワゴン タフスタイルはフレアワゴンのSUV風モデルとして派生したものです。特徴的な丸目のヘッドライトにガンメタリック塗装のバンパー、専用アルミホイールによってSUVさを醸し出しています。シート表面は撥水加工が、ラゲージルームには防汚処理が施されているため、汚れた荷物も安心です。また、全グレードがハイブリッド搭載のため、エコカー減税の対象になっているため、燃費の面でも維持費の面でも安心です。 [new_car_spec_type_a "フレアワゴン タフスタイル"] [usedcar_type_a "フレアワゴン タフスタイル"] 9位 ダイハツ ウェイク 【画像提供:カーセンサー 】 ダイハツ ウェイクのグレードには、レジャーを楽しみたい人のための装備を搭載した「レジャーエディション」が用意されています。レジャーエディションには他グレードよりも1インチ大きい15インチアルミホイールやラゲージルームを2段にできるデッキボードの他に、泥や水で濡れた靴でも乗れるように「イージーケアフロア」が標準装備となっています。また、LEDランプや荷物の固定ベルト、ユーティリティフックなども追加で搭載されています。 [new_car_spec_type_a "ウェイク"] [usedcar_type_a "ウェイク"] 10位 トヨタ ピクシスメガ 【画像提供:カーセンサー 】 トヨタ ピクシスメガはスーパーハイトワゴンモデルで、6つのグレードのうち2つが「レジャーエディション」と呼ばれるレジャーやアウトドアに特化したモデルになります。レジャーエディションには、ラゲージルームを上下2段に分割するデッキボードや床面フック、座席とラゲージルームの床面を保護するイージーケアフロアが標準装備となっています。また、両側がパワースライドドアになっていたり、誤発進抑制制御機能などの安全装備を採用しているため、日常使いにも安心です。 [new_car_spec_type_a "ピクシスメガ"] [usedcar_type_a "ピクシスメガ"]

知っておけば損しない!狙い目の中古車を見つけるポイント

ここでは中古車を選ぶ時に知っておくと損をしない、狙い目の中古車を見つけるポイント3つをそれぞれ解説していきます。

ポイント①新型車発表があった車種

1つ目のポイントは、新車の発表があった車種です。新車が発表されると旧式のモデルは比較的装備が新しくてもガクッと価格が下がるため、狙い目になります。

ポイント②未使用の中古車「新古車」

2つ目のポイントは、新古車を探すことです。新古車とは、お店で展示や試乗として使われている車です。走行距離や傷、使用感もほとんどありませんが、新車に比べて15〜20万ほど安く手に入れることができます。

新古車の見つけ方

  • ディーラーの中古コーナーや系列店
  • 中古車販売店
  • 中古車検索サイトで「未使用車」の記載があったり、走行距離が100キロ未満のクルマ

ポイント③修復歴の有無

3つ目のポイントは、修復歴の有無です。修復歴とは、自動車のフレーム部分の修理を行ったことがあるものを指します。フレームは重要な部位のため、修復歴が「無い」と表記されているものを選ぶのが無難です。販売業者には修復歴の記載が義務付けられていますが、事故歴の記載は義務付けられていません。そのため、擦り傷などは修理していたとしても修復歴にカウントされないため、気になる方は販売店に聞いてみることをオススメします。

中古の軽自動車おすすめ6車種

ここでは中古の軽自動車でおすすめの6車種をご紹介します。自分の好みに合わせてカスタムしたり、個性的なデザインで愛着の湧くモデルなど、自分のお気に入りの1台をぜひ探してください。

おすすめ① カスタムが光る唯一無二のモデル探しを楽しむなら:ジムニー・ハスラー

ジムニーとハスラーはスズキが販売しているクロスオーバーSUVで、人気の根強いモデルです。SUVモデルはカスタムパーツなどが数多く販売されているため、自分だけのカスタムを楽しめるます。そのため、趣味用やサイドカーとして所持するのもおすすめ。特にジムニーは過去に様々なモデルが販売されているため、好きなデザインを探すのも楽しめます。

スズキ ジムニー

【画像提供:カーセンサー 】

ジムニー 2019年10月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
660 XC 4WD 170.5 3.395m×1.475m×1.725m 1.8m×1.3m×1.2m 1040kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 3 4WD
660 XG 4WD 144.0 3.395m×1.475m×1.725m 1.77m×1.3m×1.2m 1040kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 3 4WD
660 XG スズキ セーフティ サポート 装着車 4WD 147.9 3.395m×1.475m×1.725m 1.77m×1.3m×1.2m 1040kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 3 4WD
660 XL 4WD 155.5 3.395m×1.475m×1.725m 1.8m×1.3m×1.2m 1040kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 3 4WD
660 XL スズキ セーフティ サポート 装着車 4WD 159.4 3.395m×1.475m×1.725m 1.8m×1.3m×1.2m 1040kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 3 4WD

*万円表記

スズキ ジムニーのクチコミ

スズキ ジムニーの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】
スズキ ハスラー

【画像提供:カーセンサー 】

ハスラー 2019年12月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
660 ハイブリッド G 4WD 136.3 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 860kg 燃費(JC08モード)27.8km/L 657cc 5 4WD
660 ハイブリッド G スズキ セーフティサポート非装着車 4WD 128.6 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 860kg 燃費(JC08モード)27.8km/L 657cc 5 4WD
660 ハイブリッド G スズキ セーフティサポート非装着車 116.4 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 810kg 燃費(JC08モード)30.4km/L 657cc 5 FF
660 ハイブリッド G 124.1 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 810kg 燃費(JC08モード)30.4km/L 657cc 5 FF
660 ハイブリッド Gターボ 4WD 144.9 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 870kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 5 4WD
660 ハイブリッド Gターボ 132.7 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 820kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 5 FF
660 ハイブリッド X 4WD 150.2 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 870kg 燃費(JC08モード)27.8km/L 657cc 5 4WD
660 ハイブリッド X 138.0 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 820kg 燃費(JC08モード)30.4km/L 657cc 5 FF
660 ハイブリッド Xターボ 4WD 158.8 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 880kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 5 4WD
660 ハイブリッド Xターボ 146.6 3.395m×1.475m×1.680m 2.22m×1.33m×1.27m 830kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 5 FF

*万円表記

スズキ ハスラーのクチコミ

スズキ ハスラーの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

おすすめ② 他にはない個性派デザインを楽しもう:コペン・S660

ダイハツ コペンとスズキ S660はオープンスポーツカーです。軽自動車といってもスポーツカーなので、新車で購入しようとするとかなり値が張りますが、中古であれば比較的安価で手に入れることができます。また、コペンの現行モデルのフォルムはシャープですが、初代は丸みを帯びたシルエットなため、その方が好みという方はぜひ中古市場で探してみることをおすすめします。

ダイハツ コペン

【画像提供:カーセンサー 】

コペン 2019年10月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
GR スポーツ 660 216.4 3.395m×1.475m×1.280m 0.91m×1.25m×1.04m 870kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 FF
エクスプレイ 660 171.5 3.395m×1.475m×1.280m 0.91m×1.25m×1.04m 870kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 FF
エクスプレイ S 660 190.0 3.395m×1.475m×1.280m 0.91m×1.25m×1.04m 870kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 FF
セロ 660 176.5 3.395m×1.475m×1.280m 0.91m×1.25m×1.04m 870kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 FF
セロ S 660 195.0 3.395m×1.475m×1.280m 0.91m×1.25m×1.04m 870kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 FF
ローブ 660 171.5 3.395m×1.475m×1.280m 0.91m×1.25m×1.04m 870kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 FF
ローブ S 660 190.0 3.395m×1.475m×1.280m 0.91m×1.25m×1.04m 870kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 FF

*万円表記

ダイハツ コペンのクチコミ

ダイハツ コペンの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】
スズキ S660

【画像提供:カーセンサー 】

S660 2019年12月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
660 アルファ 211.0 3.395m×1.475m×1.180m 0.9m×1.22m×1.02m 830kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 MR
660 ベータ 184.7 3.395m×1.475m×1.180m 0.9m×1.22m×1.02m 830kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 MR
660 モデューロX 276.6 3.395m×1.475m×1.180m 0.9m×1.22m×1.02m 830kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 2 MR

*万円表記

スズキ S660のクチコミ

ホンダ S660の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

おすすめ③かわいいデザインを低価格で:ムーヴキャンバス・モコ

ダイハツ ムーヴキャンバスと日産 モコは女性に人気の可愛らしいデザインのモデルです。女性の初めての車やサイドカーとしても使い勝手の良い車種で、予算を抑えたいなら比較的年式の古いモコがおすすめです。もし安全性能や機能性を重視したい場合には、現行モデルのムーヴキャンバスの新古車を探してみるのも良いでしょう。

ダイハツ ムーヴキャンバス

【画像提供:カーセンサー 】

ムーヴキャンバス 2019年10月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
660 G SAIII 4WD 149.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 G SAIII 138.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 G ブラックアクセント リミテッド SAIII 4WD 155.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 G ブラックアクセント リミテッド SAIII 144.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 G ブラックインテリア リミテッド SAIII 4WD 155.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 G ブラックインテリア リミテッド SAIII 144.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 G ホワイトアクセント リミテッド SAIII 4WD 155.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 G ホワイトアクセント リミテッド SAIII 144.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 G メイクアップ リミテッド SAIII 4WD 155.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 G メイクアップ リミテッド SAIII 144.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 L SAIII 4WD 127.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 960kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 L SAIII 116.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 910kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 X SAIII 4WD 141.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 X SAIII 130.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 X ブラックアクセント リミテッド SAIII 4WD 148.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 X ブラックアクセント リミテッド SAIII 137.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 X ブラックインテリア リミテッド SAIII 4WD 148.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 X ブラックインテリア リミテッド SAIII 137.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 X ホワイトアクセント リミテッド SAIII 4WD 148.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 X ホワイトアクセント リミテッド SAIII 137.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF
660 X メイクアップ リミテッド SAIII 4WD 148.5 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 970kg 燃費(JC08モード)27.4km/L 658cc 5 4WD
660 X メイクアップ リミテッド SAIII 137.0 3.395m×1.475m×1.655m 2.12m×1.35m×1.29m 920kg 燃費(JC08モード)28.6km/L 658cc 5 FF

*万円表記

ダイハツ ムーヴキャンバスのクチコミ

ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】
日産 モコ

【画像提供:カーセンサー 】

モコ 2014年04月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
660 S FOUR 4WD 121.7 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 850kg 燃費(JC08モード)28.4km/L 658cc 5 4WD
660 S エアロスタイル 123.5 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 800kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 5 FF
660 S 110.5 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 800kg 燃費(JC08モード)30km/L 658cc 5 FF
660 X FOUR 4WD 131.2 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 870kg 燃費(JC08モード)27.2km/L 658cc 5 4WD
660 X FOUR エアロスタイル 4WD 144.2 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 870kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 5 4WD
660 X エアロスタイル 133.0 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 820kg 燃費(10.15モード)-km/L 658cc 5 FF
660 X 120.0 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 820kg 燃費(JC08モード)30km/L 658cc 5 FF
660 ドルチェ G FOUR 4WD 148.4 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 890kg 燃費(JC08モード)25.2km/L 658cc 5 4WD
660 ドルチェ G 137.2 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 840kg 燃費(JC08モード)27km/L 658cc 5 FF
660 ドルチェ X FOUR 4WD 139.8 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 870kg 燃費(JC08モード)27.2km/L 658cc 5 4WD
660 ドルチェ X 128.6 3.395m×1.475m×1.625m 2.14m×1.29m×1.26m 820kg 燃費(JC08モード)30km/L 658cc 5 FF

*万円表記

日産 モコのクチコミ

日産 モコの中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

買い替えで愛車を売るなら一括査定。おすすめ業者3選

もし新しく車を買う際に、今の愛車を手放そうと考えている場合には、一括査定を行うことで高価買取をしてもらうことができます。ここでは一括査定でおすすめの業者と、その特徴について解説します。

  • 一括査定を行うことで、複数の業者の見積もりを比較できる
  • 一括で査定に出せるので、手間を省ける
  • 住んでいる場所や業者によっては出張買取を依頼できる

最大手ならカーセンサー

カーセンサーは株式会社リクルートが運営しており、一括査定の中でも大手になります。中古車の掲載台数は20万台以上で、カーセンサーだけの買取店も参加しているため他の査定サイトと一線を画しています。

サービスの特徴

  • リクルートが運営しているため安心感がある
  • カーセンサーだけの買取店も参加
  • 掲載台数は20万台以上

こんな人におすすめ

  • できる限り多くの会社に見てもらいたい人
  • 手早く売却したい人
  • 電話ではなくメールでやりとりしたい人
愛車無料査定も『カーセンサーNet』

1回の査定で済ませたいならユーカーパック

ユーカーパックは正確に言うと一括査定ではなく、オークション形式のサービスになります。1回の査定で情報は全てデータ化され、あとは買取オークションで売れるのを待つだけです。そのため、個人情報を色んな業者に渡すこともなくユーカーパックとのやり取りだけで売却を行うことができます。

サービスの特徴

  • オークション形式なので買取価格が上がる可能性がある
  • 査定は1回限りでその後もユーカーパックとやり取りするだけ
  • オークション参加社は5,000社以上

こんな人におすすめ

  • 個人情報を複数の業者に渡したくない人
  • 査定は1回だけで済ませたい人
  • できる限り高く売却したい人
あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

楽天ユーザーなら楽天カーサービス

楽天カーサービスは楽天が運営しているサービスで、査定申込時と成約時に楽天ポイントがもらえる仕組みになっています。また、オークション形式と一括査定形式を選ぶことができるため、どちらが良いか悩んでいる人にもオススメができます。

サービスの特徴

  • 最短90秒で申込みができる
  • オークション形式と一括査定形式を選ぶことができる
  • 楽天ポイントがもらえる

こんな人におすすめ

  • 日頃から楽天を利用している人
  • オークション形式か一括査定形式か悩んでいる人
楽天の愛車一括査定!もれなくポイントプレゼント!

カーリースの利用を検討しよう

もし本当に欲しい車が中古車で見つからなかったら、カーリースを検討してみるのもおすすめです。

カーリースとは車版サブスクのようなもので、月額で車を借りるというサービスです。契約満了後は返却するか買い取るかを選べるため、気に入った場合はそのまま買い取ることも可能なため、汎用性が高いこともポイントの一つです。

カーリースのメリット・デメリット

ここでは具体的にカーリースのメリット・デメリットについて解説していきます。もしメリットが多く当てはまる場合には、ぜひ利用を検討してみてください。

カーリースのメリット

  • 頭金などまとまった費用がかからない
  • 支払額が一定のため計画が立てやすい
  • 色々な車に乗りたい

カーリースのデメリット

  • 自由にカスタマイズができない
  • 契約によっては走行制限がかかっている
  • 中途解約ができないことが多い

オススメのカーリースサイト3選

ここでは大手のカーリースサイトからオススメの3社をご紹介します。「カーリースを利用したいけど、どのサイトが良いか分からない」と悩んでいる方は参考にしてみてください。

おトクにマイカー 定額カルモくん

定額カルモくんは注文から納車までネットで完結できるサービスです。契約期間は1年単位で最長11年までのため、短期間でも長期間でも利用可能。 新車だけでなく中古車のリースも行なっています。

SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーるは国産車だけでなく輸入車もリースが可能なため、外車に乗ってみたいという方にオススメ。個人同士でカーシェアリングを行うことができるほか、契約後には専任の担当者が納車までサポートしてくれるため、初めてカーリースを利用するという方も安心です。

コスモMyカーリース

コスモMyカーリースの契約期間は3,5,7年の3種類。一番の特徴は指定のカードでコスモ石油の支払いを行えば月間100Lまで最大5円引きの特典があることです。利用圏内にコスモ石油のガソリンスタンドがある方は維持費を抑えることができます。

関連記事

不人気だからこそ中古が狙い目!おすすめのステーションワゴンまとめ

1990年代の日本では、ステーションワゴンなどのモデルが人気を博していました。しかし、最近ではミニバンやSUVなど新たなモデルが台頭し始め、今ではステーションワゴンのラインナップはほぼ限られています。

かわいい軽自動車10選!女性にオススメしたい人気の車種を紹介

女性に特に人気のある軽自動車ですが、多くのメーカーから様々なモデルが発売されているため、いざ軽自動車を購入しようと思った時にどのモデルににすれば良いか悩んでしまいますよね。そこでこの記事では、女性向け

おすすめのハッチバックモデル10選!国産・外国産毎にご紹介

ハッチバックは多くの車に採用されている機能の一つで、荷室とキャビンが一体になっているものです。この記事では、ハッチバックを採用しているおすすめの車を外国産・国産に分けてご紹介します。ハッチバックタイプ

全高1550mm以下のステーションワゴン10選!駐車場事情も安心のサイズ感

マンションや都市部の駅近くの駐車場で用いられる機械式駐車場は、車高や車幅などに様々な制限が設けられていることをご存知でしたか?特に車高1550mmの制限があることが多いため、この記事では車高1,550

軽自動車おすすめTOP33車種!ホンダ、スズキ、ダイハツ、三菱、日産を徹底比較

手ごろな価格でファミリーにも独身者にも人気の軽自動車。その軽自動車人気を支える5大自動車メーカーのホンダ、スズキ、ダイハツ、三菱、日産から現在発売されている車種や、生産中止後もいまだに根強い人気のある

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

トップ > おすすめ車種 > 軽自動車おすすめTOP33車種!ホンダ、スズキ、ダイハツ、三菱、日産を徹底比較

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ 一括査定 普通車 iQ デイズルークス 廃車買取 中古車買取 車中泊 SUV コンパクトカー ミニバン エクストレイル アウトランダー PHEV CR-V フリード+ シエンタ タンク VOXY セレナ ステップワゴン ピックアップトラック ハイラックス ランドクルーザー70ピックアップ bBオープンデッキ トライトン ストラーダ ダットサン プロシード ファスター ファーゴトラック ロデオ キャンピングカー ハイエース フリード カーリース エルカミーノ ダッジラム ミニクロスオーバー ミニクラブマン ミニコンバーチブル クーパー ミラジーノ オプティ ヴィヴィオビストロ メイフェア ケンジントン クーパー40thアニバーサリー ポールスミス クーペ 2シリーズクーペ 3シリーズクーペ 4シリーズクーペ TT カマロ 86 フェアレディZ GT-R スープラ シルビア コンパクトミニバン ジェイド プレマシー ウィッシュ デリカD3 ノア エスクァイア ヴェルファイア オデッセイ デリカD5 エルグランド アルファード セダン マークX インサイト レガシィB4 アクシオ インプレッサ G4 スカイライン クラウン カムリ GS ES 3シリーズ A8 中古車 クラウンアスリート Cクラス 5シリーズ クラウンロイヤル IS Sクラス LS ステーションワゴン 3シリーズツーリング Cクラスワゴン A4アバント V60 レヴォーグ カローラフィールダー カローラツーリング シャトル レガシィツーリングワゴン ハッチバック ミニ ゴルフ ポロ 1シリーズ Aクラス プリウス リーフ フィット アクア X1 ラングラー Gクラス X3 ハリアー CX-5 XC60 レネゲード 500X UX エクリプスクロス ヴェゼル グッズ アバランチ F-350 240 v40 v70 xc40 xc90 v50 xc70 ヤリスクロス レジェンド アテンザ アクセラ wrx シーマハイブリッド セルシオ チェイサー レジェンド センティア ルーチェ ギャラン デボネア セドリック レパード ラピュタ キックス トッポBJ プリウスα MAZDA6ワゴン C63 E63 C220d C350e C180 3シリーズツーリング カローラレビン シビック ターセル アコード ファミリア オートザム AZ-3 プリメーラ シルバラード mazda3 カローラ シーマ アリスト ジムニーシエラ CX-3 C-HR GRスポーツ ジューク ランドクルーザー エスクード

TOP