クルマの「今」がわかる情報サイト|MOHCLE(モークル)

ボルボでキャンプを楽しめるモデル9選!車中泊ができるモデルも

キャンプやアウトドアが好きな方は荷物をたくさん積めるSUVタイプの車を検討している方が多いと思います。しかし、年に数回のキャンプのためにわざわざ大型の車を買うことにためらってる人もいるのではないでしょうか?この記事ではアウトドアも街乗りも楽しめるボルボのモデルをご紹介します。ボルボでキャンプをしたいと考えている方はぜひ参考にして見てください。

ボルボでのキャンプの魅力

ボルボはスウェーデン発祥のメーカーで、日本では主にSUVのXC40やXC60が2年連続で日本カーオブザイヤーを受賞しています。もちろんSUV以外のモデルも人気ですが、具体的にボルボでキャンプに行くメリット・デメリットについて見ていきましょう。

ボルボでキャンプをするメリット

ボルボの人気の秘訣には、高い安全性能が挙げられます。ボルボは3点式シートベルトを発明したことで知られており、現在でも先進技術を利用した様々な運転支援システムを採用しているため長距離移動の負担を軽減してくれます。

そのほかにも、4WDならではの走破性能の高さや、ドライブモードの切り替えによるオフロードの安定した走りが山道や雪道などを安心してサポート。モデルによってはラゲージルームのスペースが十分に確保されているので、キャンプギアも難なく積むことができます。

ボルボでキャンプをするデメリット

では逆にボルボでキャンプをするデメリットにはどのようなものが挙げられるでしょうか。1つは車体価格が高いという点です。ボルボは海外のメーカーのため、新車の場合は車両本体価格が高い傾向にあります。そのため、予算内で収まらないような場合には中古車を検討してみましょう。

もう1つはガソリンがハイオクのため、維持費がかかるという点です。維持費を抑えたい場合にはディーゼルエンジンを選択すると良いかもしれません。

コチラもおすすめ
【おすすめ4車種】ピックアップトラックでいくキャンプの楽しみ方は?車中泊や荷台の使い方を解説
日本ではあまり目にすることがないピックアップトラックですが、SUVのような性能や特徴的なデザインからアウトドア好きや若者から人気があります。この記事ではピックアップトラックだからこそ楽しめるキャンプと車中泊について解説していきます。 ピックアップトラックでキャンプをする魅力とは? ピックアップトラックは荷台がトラックのようにオープンになっており、キャビン前方にボンネットがあるタイプのモデルです。車体は大きく走行性能はSUVさながらで、荷台にはたくさんの荷物を収納することが可能。そんなピックアップトラックでキャンプをするとどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。 ピックアップトラックのメリット ピックアップトラックのメリットとして、荷台が大きいという点が挙げられます。キャンプには規模にもよりますがテントやシェルフ、焚き火グリルやテーブルなど必要なものが多いです。ソロキャンプであれば荷物も少ないですが、家族で行くような場合には人数分必要なものも増えて、普通の車では積むのが難しい場合も。しかし、ピックアップトラックであればある程度の荷物であれば積むことができるため安心です。 また、車体が大きい分パワーも強く、オフロードの走行性能もSUVさながらです。キャンプ場がある山の中など悪路に対して活躍できると言えるでしょう。 ピックアップトラックのデメリット では逆にピックアップトラックのデメリットにはどのような点があるでしょうか。一つは荷台がオープンなため濡れないようにカバーなどを用意する必要があるということです。また、車体が大きいため狭い山道などでは運転が不安な可能性がある点が挙げられます。 荷台の活用法紹介  この投稿をInstagramで見る hanamu-(@hanamumini)がシェアした投稿 巨大なピックアップトラックの荷台ですが、画像のように「シェル」と呼ばれる居住用のスペースを取り付けることで、キャンプ中でもまるで部屋の中にいるような感覚が味わえます。 この前導入したルーフテントのヒキが良かったので改めて紹介しますね。私のはこちらです。ピックアップの利点(泥バイクをママ積めるとか)をキープしつつ弱点(車内泊や雨天時の着替えとか)をカバー出来るアイテムだと思いますので興味ある方は是非どうぞ〜!!https://t.co/SAEpYVMaZA pic.twitter.com/rwPBvCCGrC— いっちー@クロスミッションX9 (@serow_and_husky) September 24, 2019 また、ルーフテントを装着することで地面に設置しないというメリットも。この他にタープなども設置することで簡単に屋根を作ってキャンプを楽しむことができます。 キャンプでオススメのピックアップトラック4車種 ここからはキャンプをする上でオススメのピックアップトラックを2つご紹介します。それぞれ車の特徴とキャンプをする上での使い方、実際の所有者の使い方も合わせて見ていきましょう。 トヨタ ハイラックス トヨタ ハイラックスは現在日本で新車として購入できる唯一のピックアップトラックです。5人乗りの4ドアでパートタイム4WDを採用、家族でドライブを楽しむことも可能です。5人乗りのため室内は広く、トヨタから販売されているトノカバーを装着すれば荷台が濡れる心配もなくなるため安心です。 キャンプでのハイラックスの実際の使い方 実際にハイラックスでキャンプを楽しんでいる人たちの画像を見て見ましょう。 この投稿をInstagramで見る Tadashi Ohta(@dekuno_bo)がシェアした投稿 こちらは荷台にがっつりとキャンプギアを積んでいます。荷台は吹きさらしなので、使用後に泥や水などが付着していても気兼ねなく積みこめるのがメリットです。 おはよ👍荷台の目覚め最高、寝心地良すぎる pic.twitter.com/cZl4lp0BCO— カズト【道トラ】 (@kazuto_camp) December 13, 2020 こちらは荷台に幌を取り付けることで、壁と屋根を確保し簡易的な部屋を作っているようです。バッテリーで動くヒーターなどを持って来れば寒い冬でも暖をとれるので便利ですね。 [usedcar_type_a "ハイラックス"] シボレー エルカミーノ この投稿をInstagramで見る Taro(@taro_creations)がシェアした投稿 シボレー エルカミーノはピックアップトラックの中でも珍しいクーペスタイルのモデルです。そのため他の車種に比べてゴツい印象はなく、むしろスマートなイメージを受けると思います。この個性的なデザインは根強いファンが多く、映画の撮影にも使用されています。車高が低い分荷台の壁は低いため、詰める荷物の高さ制限には気をつける必要がありますが、積載量は他のピックアップトラックと比べて遜色ありません。 キャンプでのエルカミーノの実際の使い方 この投稿をInstagramで見る hiroyuki(@hiro_van_life)がシェアした投稿 ではエルカミーノを実際にキャンプで使用している人の画像を見ていきましょう。 こちらは荷台を活用してキャンプに必要なテントやクーラーボックス、テーブルなど十分な荷物を積み込めています。ソロキャンプならもちろん、二人乗りのため2人で行ったとしても十分な荷物を積み込めます。 [usedcar_type_a "エルカミーノ"] トヨタ ランドクルーザー70ピックアップ トヨタ ランドクルーザー70ピックアップは2014年に一年というごく短い期間に販売されていたモデルです。もともとランクル70自体が高い人気を誇っていましたが、ピックアップモデルが販売されたのはこの期間だけです。オフロードを走るための車として、アウトドア好きから特に愛されています。 キャンプでのランドクルーザー70ピックアップの実際の使い方 この投稿をInstagramで見る つっきー かーちす(@tukkeedmarthin)がシェアした投稿 ピックアップモデルを活かして荷台にたくさんの荷物を積み込んでいますが、吹きさらしのため上に幌のようにビニールなどで対策をしています。特に雨が降る可能性があるような場合には、このような準備が必要なので注意しましょう。 [usedcar_type_a "ランドクルーザー70ピックアップ"] マツダ プロシード マツダ プロシード1965年から1999年まで販売されていたモデルで、それ以降は北米でのみ販売が続けられました。中古市場でもかなり数が少なく貴重なため、購入を考えている方は常にチェックしておく必要があります。 キャンプでのプロシードの実際の使い方 この投稿をInstagramで見る TAKUMI SUDA 一休(@hanazumari19)がシェアした投稿 写真のようにキャンプギアをしっかり積み込むことが可能です。また、シェルを装着することでトラックキャンプをすることができ車中泊を楽しめるので様々な用途で使用することができます。 [usedcar_type_a "プロシード"]
車中泊おすすめグッズ15選|カーテンやテーブル、100均で買える便利グッズまで紹介!
自家用車で気軽に旅行できる車中泊は、バンTuber(バンで車中泊をしている様子を動画配信するYouTuberの総称)などの登場からも、人気の高まりが伺えます。 本記事はこれから車中泊を始めてみたい方に向けてテーブルやカーテンなど、車中泊を快適に楽しむために必要な15個のおすすめグッズをを紹介します。ひとまずこれがあれば安心して車中泊ができるという商品をピックアップしていますので、参考にしてみてくださいね。 車中泊を快適に過ごす!おすすめグッズ13選 車中泊は当然のことながら普段過ごしている家とは違い、車には生活に必要なグッズがほとんどありません。 また、キャンピングカーのように車内で生活・就寝が可能になっている訳ではないので、快適に過ごすためには準備が必要です。 マット テーブル カーテン・シェード 電池式ランタン タオル・ブランケット 必要に応じてベッド タオル・ブランケットは家にあるものを使用できると思いますが、その他は普段は使わないものばかりですね。しかしながら、どれも車中泊には必須のアイテムです。ここからは実際におすすめの商品をそれぞれ紹介していきますね。 ここからは通年で必要な車中泊グッズから、それぞれ厳選したものを3つずつ紹介していきます。それぞれ、あなたがお持ちの車に合ったものを選べば快適に車中で過ごせますよ。 それでは、いってみましょう! おすすめマット3選 まず、車中で就寝する際に気になることはシートの凹凸。これが意外に不快なのです。 その不快感を解消してくれるグッズがマットレス!人気商品の中から3つ紹介します。 フィールドア 車中泊マット 人気のアウトドアブランド、フィールドアから販売されている車中泊マットです。自動膨張式で簡単に設置でき、内部にウレタンが入っているので快適に就寝が可能。 マット同士の連結もでき、車中泊だけではなくキャンプなどでも使用できます。 商品名 車中泊マット 本体重量 約2.7kg メーカー フィールドア(FIELDOOR) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約60cm×188cm×10cm ※ウレタンサイズ  約54cm×182cm×10cm 金額 6,600円(税込) 収納時サイズ 約φ28cm×68cm 色 4色展開 (ブラウン、オレンジ、ブラック、カーキ) 備考 ダブルサイズや、5㎝厚もあり 楽天市場で購入する コールマン キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル こちらも大人気のアウトドアブランド、コールマンのマット。自動膨張式、内部にウレタンが入っています。 お値段が少々お高めですが、”まるで自宅のように快適に眠れる”と謳われているだけあり、口コミでも評価の高い商品。 商品名 キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル 本体重量 約2.7kg(シングル) メーカー コールマン(COLEMAN) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約198×68×10cm(シングル) 金額 12,881円 (税込) 収納時サイズ 約φ21×72cm 色 グレー 備考 ダブルサイズあり 楽天市場で購入する キャプテンスタッグ 折りたたみ式マット こちらも有名なアウトドアブランド、キャプテンスタッグの折りたたみ式マット。 スピーディーな設置、回収が可能なモデルです。 商品名 キャンピングFDマット〈L〉 200×100cm 本体重量 約1.2g メーカー キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 100×11.5×31cm 金額 3,960円 (税込) 収納時サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 100×200×厚さ1.5cm 色 ブルー 備考 60×200cmの2サイズ展開。 楽天市場で購入する おすすめカーテン3選 車中泊では多くの場合、屋外に車を停めているため、車内からも車外からも丸見えの状態となります。 そこで準備したいものが、車用シェード・カーテンです。 防犯の観点からも車内が丸見えというのは避けたいですし、朝日など車外から差し込む光を調節する役割も果たしてくれます。 クレトム 断熱サイドシェード 後席用の吸盤式遮光シェードで、簡単に取り付け可能です。 断熱効果もあり、夏は暑さを、冬は寒さを防ぎます。 商品名 サンシェード 断熱サイドシェード 本体重量 約 200 g メーカー クレトム(cretom) 本体サイズ(高さ×幅㎝) 71×48㎝ 金額 627円(税込) 収納時サイズ 約15㎝幅 色 マリンブルー 備考 1枚入り 楽天市場で購入する ナポレックス サイドウィンドウ用カーテン ガラス面に取り付けるタイプのカーテンで、開け閉めが可能。閉めたときにはループゴムで束ねることもでき便利です。 後席だけではなく、バックドアへの取り付けも可能で幅広い用途が魅力です。 商品名 カーテン L BY-22 ブラック 2枚入り 本体重量 約130g メーカー ナポレックス 本体サイズ(高さ×幅) 52×80cm 金額 1,770円(税込) パッケージサイズ(高さ×幅×厚さ) 23×10.4×3.5cm 色 ブラック 備考 吸盤4個・カーテン2枚入り 楽天市場で購入する クレトム 遮光マジカルシェード 車両のフロントガラス用のシェード。ワンタッチで広がり、収納時も小さくたためてドアポケットに収まります。 収納袋はハンドルカバーにもなり、なくしてしまう心配はありません。 商品名 遮光マジカルシェード Mサイズ 本体重量 約150g(収納袋も含む) メーカー 大自工業(メルテック) 本体サイズ(高さ×幅) 約70×130cm 金額 1,859円 (税込) パッケージサイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約32×30×40cm 色 シルバー 備考 車種にあわせてS、M、Lの3サイズ展開。 楽天市場で購入する おすすめテーブル3選 車中泊で意外と必要となるのがテーブルです。食事からみんなでくつろいでお茶をするときなどに使いやすいものを紹介していきます。 フィールドア 収納式アルミレジャーテーブル こちらもフィールドアの商品。車外に設置して使うタイプで、カラー展開も非常に豊富で女性にも人気です。 商品名 収納式 アルミ レジャーテーブル 本体重量 約5.5kg メーカー フィールドア(FIELDOOR) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約70cm×120cm×80cm 金額 4,840円(税込) 収納時サイズ(高さ×幅×奥行) 約7㎝×80㎝×60㎝ 色 7色展開 (シルバー、ナチュラル、ダークブラウン、バンブー、ゼブラ、ヘリンボーン/オーシャン 、ヘリンボーン/ヴィンテージ) 備考 耐熱温度は150℃ 楽天市場で購入する キャプテンスタッグ アルミロールテーブル こちらは車中で使用できるタイプで、キャプテンスタッグより販売。折りたためるのでスペースを取りません。 食事から、ちょっとした作業には十分なスペースを確保できます。 商品名 アルミロールテーブル 本体重量 7kg メーカー キャプテンスタッグ 本体サイズ(高さ×幅×奥行㎝) 12㎝×40㎝×29㎝ 金額 2,158円(税込) 収納時サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 7㎝×40㎝×6㎝ 色 シルバー 表面材 アルミニウム 楽天市場で購入する アデルフォス 車用テーブル ハンドル 後部座席 2WAY 株式会社アデルフォスから販売されている車用テーブルです。 後席での使用や、ハンドルに取り付けて前席でも使用可能の2WAY使用。スマホやタブレットも置くことができます。 商品名 車用テーブル ハンドル 後部座席 2WAY 本体重量 約1.05kg メーカー 株式会社アデルフォス(ADELPHOS) 本体サイズ(幅×奥行㎝) 約37×30.5㎝ 金額 メーカー希望小売価格 12,000円 (税込) 収納方法 ヘッドレスト取付時には装着したまま折りたたみ可能 色 ブラック 備考 サイドスライドテーブル付き 楽天市場で購入する おすすめランタン3選 車中泊ではランタン選びも重要です。 ランタンまでの距離が近く明るすぎると目が疲れてしまうため、調光可能なものを選ぶことがポイント。車外では明るく、車内では程よい暗さになるものがオススメです。です。 ジェントス EX-114D 防塵・防滴仕様、1m落下耐久のLEDランタンです。連続点灯100時間可能。 明るさの調整ができ、車内はもちろん車外でも使用可能。USBでスマートフォンなどの充電もできるので重宝します。 商品名 GENTOS Explorerシリーズ LEDランタン EX-114D 本体重量 1250g(電池含む) メーカー ジェントス(GENTOS) 本体サイズ(高さ×幅×奥行㎝) 24×12×11.2㎝ 金額 7,690円(税込) 明度調整 250ルーメン(Ecoモード時)/ 650ルーメン(Midモード時)/ 1100ルーメン(Highモード時) 色 ブラック 備考 単一電池4本使用 楽天市場で購入する Landport LEDランタン たためてコンパクト!Landportのソーラーパフ。名前の通り、太陽光で充電可能です。 落としても割れないのでお子さんがいる家庭でも安心して使用できます。 商品名 CARRY THE SUN(キャリーザサン ミディアム) 本体重量 約86g メーカー Landport 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 11×11×11cm 金額 4,180円 (税込) 収納時サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 11×21×1.2cm 色 ホワイト 備考 白色光、暖色光の2パターン展開 楽天市場で購入する スノーピーク たねほおずきシリーズ 雰囲気重視の方におすすめしたいのがスノーピークのランタンです。 手元に置くもよし、引っ掛けて使うもよし。デザインも可愛らしく、女性にも人気の商品です。 商品名 たねほおずき 本体重量 57g(電池を除く) メーカー スノーピーク(snow peak) 本体サイズ(直径×高さ㎝) φ6.2×7.5cm 金額 4,400円(税込) 点灯モード 3モード(Hi-Low/Strobe/疑似ゆらぎ)+無段階調光 色 3色展開(つち、もり、ゆき) 備考 単四形アルカリ乾電池(LR03)3本使用 楽天市場で購入する おすすめエアベッド 車中泊をより快適に過ごしたい、と言う方におすすめなのが車中泊用のベッドの導入です。 マットレスとは別途、車中泊用ベッドを設置することで断熱効果も見込めます。こちらは必須という訳ではないのでおすすめの1点だけ紹介しますね。 コールマン エクストラデュラブルエアーベッド エアーを入れて膨らませるタイプのベッドです。コールマンより販売中。 好みの固さに調整でき、マットレスがなくてもこれだけで快適に就寝することができます。 商品名 エクストラデュラブルエアーベッド 本体重量 約2.5kg メーカー コールマン(Coleman) 本体サイズ(高さ×幅×厚さ㎝) 約185×135×20 金額 18,924円(税込) 仕様 ダブルロックバルブ、ロール式収納 色 無 備考 コールマンの電動ポンプにて空気を注入し 固さを調整します。 楽天市場で購入する 100均で買える車中泊グッズ 車中泊でおすすめの商品は、なにもキャンプ用品店だけではなく我らが100円均一でも購入が可能です。 この投稿をInstagramで見る renren@工房。【手づくりで笑顔のアート】(@ren71111324)がシェアした投稿 - 2014年 8月月5日午前6時44分PDT アルミシートマット下に敷き断熱効果! シートバックポケットティッシュボックスなど小物入れに! S字フック袋などを引っ掛けられる。荷物が多い方に! プラスチックグラス落としても割れない! コロコロシート掃除機のない車中でも綺麗を保てる! 冬夏を快適に過ごす車中泊マストアイテム ここまではオールシーズンで使用可能なグッズを紹介してきましたが、ここからは冬・夏でそれぞれ季節によって必要な車中泊グッズを紹介していきます。 冬の車中泊必須グッズ:シュラフ 車中泊は屋外になるので、当然室内より冷えますよね。やはり冬にはシュラフ(寝袋)が必須になるのではと思います。おすすめをひとつ紹介しますね。 スノーピーク グランドオフトン シングル1000 名前の通り、お布団のような使いやすさを意識した寝袋。 底冷え対策にマットを、掛け布団に羽毛を使用。マイナス8℃でも快適に眠ることができます。 商品名 グランドオフトン シングル1000 本体重量 掛け布団/2.6kg、マット/2kg(収納ケース含む) メーカー スノーピーク(snow peak) 本体サイズ(幅×高さ) 掛け布団/110×180cm、マット/77×198cm 金額 58,080円(税込) 収納時サイズ 掛け布団/φ31×50cm、マット/φ21×88cm 色 無 備考 下限温度マイナス15℃ 楽天市場で購入する 夏の車中泊必須グッズ:車内用扇風機 この投稿をInstagramで見る Satoshi Naya(@otaku_japan2016)がシェアした投稿 - 2020年 6月月6日午後10時47分PDT 夏といえば暑さ対策が必須ですよね。 おすすめは車内用の扇風機です。無風で就寝するのはちょっとしんどい、そんなときにはこちらを使ってみてはいかがでしょうか。 あなたの車や、季節に合わせて準備をしよう! 今回は車中泊の必需品のみを厳選し紹介しましたが、いかがでしたか? 車中泊を快適にするグッズはまだまだたくさんありますし、あなたの車が軽自動車なのかバンなのかにより、準備するものは変わってきます。車のサイズ、車中泊をする人数に合わせて揃えてくださいね。 この記事があなたの車中泊の参考になれば幸いです。それでは、素敵なカーライフを!

ボルボ xc40

ボルボ xc40の特徴

ボルボ xc40は2017年に発売されたコンパクトSUVで、2018年に「日本カーオブザイヤー」を受賞しています。ガソリンエンジンの他にPHEVを設定、ラゲージルームにはアンダーボックスが装備されています。また、SUVでは珍しくリアシートを倒せばほぼフルフラットにすることが可能です。

ボルボ xc40でキャンプに行った場合

この投稿をInstagramで見る

volvoxc40t5(@alternative_camp)がシェアした投稿

xc40はドライブモードの切り替えが行えます。燃費を中心としたエコモードや、悪路を走るためのオフロードモード、計4つのモードがあるため画像のような山の中のキャンプ場でも安心して運転できるのがボルボのメリットです。

XC40 2019年10月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
T4 AWD Rデザイン 4WD 462.0 4.425m×1.875m×1.660m -m×-m×-m 1670kg 燃費(JC08モード)13.2km/L 1968cc 5 4WD
T4 AWD インスクリプション 4WD 471.3 4.425m×1.875m×1.660m -m×-m×-m 1670kg 燃費(JC08モード)13.2km/L 1968cc 5 4WD
T4 AWD モメンタム 4WD 434.3 4.425m×1.875m×1.660m -m×-m×-m 1670kg 燃費(JC08モード)13.2km/L 1968cc 5 4WD
T4 モメンタム 415.7 4.425m×1.875m×1.660m -m×-m×-m 1610kg 燃費(JC08モード)13.6km/L 1968cc 5 FF
T4 360.2 4.425m×1.875m×1.660m -m×-m×-m 1610kg 燃費(JC08モード)13.6km/L 1968cc 5 FF
T5 AWD Rデザイン 4WD 508.3 4.425m×1.875m×1.660m -m×-m×-m 1690kg 燃費(JC08モード)12.4km/L 1968cc 5 4WD
T5 AWD インスクリプション 4WD 517.6 4.425m×1.875m×1.660m -m×-m×-m 1690kg 燃費(JC08モード)12.4km/L 1968cc 5 4WD

*万円表記

ボルボ xc40の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

ボルボ xc60

ボルボ xc60の特徴

ボルボ xc60は2009年から販売されているSUVで、2017年に「日本カーオブザイヤー」を受賞しています。上で紹介したxc40よりも車体が大きいため、目的や用途によって購入層が分かれます。こちらもリアシートを倒すことでフルフラットな空間を作り出すことが可能。オプションでサンルーフが設定できるため夜空を楽しむこともできます。

ボルボ xc60でキャンプに行った場合

この投稿をInstagramで見る

Aida Hirokazu(@et_quart_15)がシェアした投稿

こちらはxc60にルーフテントを装備したキャンプスタイル。高さがあるため普通のテントと違う非日常さを楽しめます。

XC60 2020年04月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
B5 AWD インスクリプション 4WD 667.3 4.690m×1.900m×1.660m -m×-m×-m 1890kg 燃費(10.15モード)-km/L 1968cc 5 4WD
B5 AWD モメンタム 4WD 576.4 4.690m×1.900m×1.660m -m×-m×-m 1890kg 燃費(10.15モード)-km/L 1968cc 5 4WD
D4 AWD Rデザイン ディーゼルターボ 4WD 649.1 4.690m×1.900m×1.660m -m×-m×-m 1880kg 燃費(JC08モード)16.1km/L 1968cc 5 4WD
D4 AWD インスクリプション ディーゼルターボ 4WD 690.0 4.690m×1.900m×1.660m -m×-m×-m 1880kg 燃費(JC08モード)16.1km/L 1968cc 5 4WD
D4 AWD モメンタム ディーゼルターボ 4WD 599.1 4.690m×1.900m×1.660m -m×-m×-m 1880kg 燃費(JC08モード)16.1km/L 1968cc 5 4WD
T8 ツインエンジン AWD インスクリプション 4WD 858.2 4.690m×1.900m×1.660m -m×-m×-m 2180kg 燃費(10.15モード)-km/L 1968cc 5 4WD

*万円表記

ボルボ xc60の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

ボルボ xc90

ボルボ xc90の特徴

ボルボ xc90はボルボから販売されているSUVの中で最も大きく4・7人乗りのモデルです。リアシートを倒した時のフルフラットスペースはかなり広く、大人2人でも問題なく車中泊が行えます。ただし、全長が約5mとかなりの巨体のほか金額も高額なので、ファミリー向けの車かもしれません。

ボルボ xc90でキャンプに行った場合

この投稿をInstagramで見る

XC90 Off Road(@xc90ffroad)がシェアした投稿

xc90の場合、家族でキャンプに行っても人数分の荷物を十分に積みこめる可能性が高いです。もちろん走行モードにはオフロードモードがあるため、悪路でも安心。

XC90 2020年06月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
B5 AWD テイラード ウール エディション 4WD 814.5 4.950m×1.960m×1.775m -m×-m×-m 2120kg 燃費(10.15モード)-km/L 1968cc 5 4WD

*万円表記

ボルボ xc90の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

ボルボ xc70

ボルボ xc70の特徴

ボルボ xc70は1998年から2017年まで販売されていたクロスカントリーエステートワゴンです。2007年にフルモデルチェンジが行われ、デザインや様々な装備が標準化されています。こちらもフルフラットになりますが、身長がある方は斜めにならないと足が伸ばせない可能性があります。クロスカントリータイプなので雪道などのオフロード走行も可能なほか高い積載量も誇ります。

ボルボ xc70でキャンプに行った場合

この投稿をInstagramで見る

tel_yama_volvo(@tel_yama_volvo)がシェアした投稿

xc70はシックな色合いが多く、自然とマッチしたデザインも人気の一つ。中古車では価格が抑えめなので、新車のボルボは予算オーバーという方はぜひ探してみてください。

XC70 2015年07月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
T5 AWD クラシック 4WD 591.7 4.840m×1.890m×1.605m -m×-m×-m 1880kg 燃費(JC08モード)11.6km/L 2497cc 5 4WD
T5 クラシック 573.1 4.840m×1.890m×1.605m -m×-m×-m 1780kg 燃費(JC08モード)14.5km/L 1968cc 5 FF

*万円表記

ボルボ xc70の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

ボルボ v60

ボルボ v60の特徴

ボルボ v60は2010年から販売されているステーションワゴンです。リアシートを倒せば少し隙間はありますがフルフラットにできるため、マットレスを敷けば車中泊が可能。5人乗っても荷室には約500Lの荷物を詰め込めるためキャンプギアをたっぷり収納できます。

ボルボ v60でキャンプに行った場合

この投稿をInstagramで見る

maggy_(@m_10403)がシェアした投稿

ラゲージルームが広いため2人分のキャンプギアもしっかりと積み込むことができるでしょう。

V60 2020年01月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
T5 インスクリプション 558.2 4.760m×1.850m×1.435m -m×-m×-m 1700kg 燃費(JC08モード)12.9km/L 1968cc 5 FF
T5 モメンタム 467.3 4.760m×1.850m×1.435m -m×-m×-m 1700kg 燃費(JC08モード)12.9km/L 1968cc 5 FF
T6 ツインエンジン AWD インスクリプション 4WD 708.2 4.760m×1.850m×1.435m -m×-m×-m 2030kg 燃費(10.15モード)-km/L 1968cc 5 4WD
T6 ツインエンジン AWD モメンタム 4WD 612.7 4.760m×1.850m×1.435m -m×-m×-m 2030kg 燃費(10.15モード)-km/L 1968cc 5 4WD
T8 ツインエンジン AWD インスクリプション 4WD 771.8 4.760m×1.850m×1.435m -m×-m×-m 2050kg 燃費(10.15モード)-km/L 1968cc 5 4WD

*万円表記

ボルボ v60の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

ボルボ v70

ボルボ v70の特徴

ボルボ v70は1996年から2017年まで販売されていたステーションワゴンです。2代目・3代目ともにリアシートを倒すことでフルフラットにすることが可能。車中泊も大人2人なら余裕で行えます。また、ステーションワゴンの中でも通常時の積載量が多いため、アウトドア向けのモデルと言えます。

ボルボ v70でキャンプに行った場合

この投稿をInstagramで見る

@スナフキン(@sunafukin8)がシェアした投稿

こちらは大型のテントにv70を入れることで、車中泊をより快適にしています。このような大型のテントもv70であれば気軽に積みこめるのがメリットです。

V70 2015年07月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
T4 クラシック 517.6 4.815m×1.890m×1.545m -m×-m×-m 1720kg 燃費(JC08モード)14.8km/L 1968cc 5 FF
T5 クラシック 554.6 4.815m×1.890m×1.545m -m×-m×-m 1720kg 燃費(JC08モード)14.1km/L 1968cc 5 FF

*万円表記

ボルボ v70の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

ボルボ v50

ボルボ v50の特徴

ボルボ v50は2004年から2012年まで販売されていたステーションワゴンです。フルフラットに近いスペースは作れますが、今まで紹介してきたモデルと比べて少し小さめなので身長が高い方は厳しい可能性があります。ただし、サイズのコンパクトさからたまにしかアウトドアに行かない方にはちょうど良いかもしれません。

ボルボ v50でキャンプに行った場合

この投稿をInstagramで見る

Yuya Nakamichi(@yuya_nakamichi)がシェアした投稿

画像はv50でのキャンプの様子。通常のラゲージルームは約400Lで、リアシートを倒すことで約1200L分の荷物を詰めるのでキャンプギアも安心です。

V50 2012年03月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
2.0 Rデザイン 322.9 4.520m×1.770m×1.450m -m×-m×-m 1430kg 燃費(JC08モード)10.6km/L 1998cc 5 FF

*万円表記

ボルボ v50の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

ボルボ v40

ボルボ v40の特徴

ボルボ v40は1995年から2019年まで販売されていたモデルです。初代はステーションワゴン、2代目はハッチバックモデルとして日本で販売されていました。2代目のラゲージルームは約300Lで標準レベル。リアシートはフラットになるので車中泊は可能ですが2人だと少し窮屈かもしれません。

ボルボ v40でキャンプに行った場合

この投稿をInstagramで見る

@hengzhongsongがシェアした投稿

画像はキャンプ場での写真ですが、v40もリアシートを倒した状態であればかなり多くの荷物を積み込めます。先進安全技術を標準装備しているため、様々なシーンで活躍すること間違いありません。

V40 2019年10月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
D4 インスクリプション ディーゼルターボ 411.1 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1540kg 燃費(JC08モード)20km/L 1968cc 5 FF
D4 キネティック ディーゼルターボ 341.7 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1540kg 燃費(JC08モード)20km/L 1968cc 5 FF
D4 モメンタム ディーゼルターボ 383.3 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1540kg 燃費(JC08モード)20km/L 1968cc 5 FF
T2 キネティック 276.9 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1480kg 燃費(JC08モード)17.1km/L 1497cc 5 FF
T3 インスクリプション 383.3 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1480kg 燃費(JC08モード)16.5km/L 1497cc 5 FF
T3 キネティック 313.9 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1480kg 燃費(JC08モード)16.5km/L 1497cc 5 FF
T3 クラシック エディション 396.3 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1490kg 燃費(JC08モード)16.5km/L 1497cc 5 FF
T3 タック エディション 340.7 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1480kg 燃費(JC08モード)16.5km/L 1497cc 5 FF
T3 モメンタム 355.6 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1480kg 燃費(JC08モード)16.5km/L 1497cc 5 FF
T5 Rデザイン ファイナル エディション 434.3 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1520kg 燃費(JC08モード)15.9km/L 1968cc 5 FF
T5 Rデザイン 421.3 4.370m×1.800m×1.440m -m×-m×-m 1510kg 燃費(JC08モード)15.9km/L 1968cc 5 FF

*万円表記

ボルボ v40の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

ボルボ 240

この投稿をInstagramで見る

Nob(@nob_official)がシェアした投稿

ボルボ 240の特徴

ボルボ 240はその見た目から別名「空飛ぶレンガ」と呼ばれ、1993年までの販売にも関わらず今だに高い人気を誇っています。リアシートを倒すことで大人2人が車中泊できるスペースを確保可能。フルフラットになるのも大きなメリットです。

ボルボ 240でキャンプに行った場合

こちらは240で冬キャンプを楽しんでいる様子。後部座席を倒すと約2mのスペースが確保できるようなので、車中泊も安心です。

この投稿をInstagramで見る

Ryoko.O☾(@milkhill)がシェアした投稿

こちらはカーサイドタープと合わせたキャンプの様子。レトロでお洒落な雰囲気を楽しむのにもぴったりな車種です。

240 1992年10月発売モデルのグレード別スペック比較表(スクロール可能)

グレード名 価格* 全長×全幅×全高 室内長×室内幅×室内高 車両重量 燃費 排気量 ドア数 駆動方式
GLE 398.0 4.785m×1.715m×1.450m -m×-m×-m 1310kg 燃費(10.15モード)-km/L 2316cc 4 FR

*万円表記

ボルボ 240の中古車一覧

【画像提供:カーセンサー 】

関連記事

【おすすめ4車種】ピックアップトラックでいくキャンプの楽しみ方は?車中泊や荷台の使い方を解説

日本ではあまり目にすることがないピックアップトラックですが、SUVのような性能や特徴的なデザインからアウトドア好きや若者から人気があります。この記事ではピックアップトラックだからこそ楽しめるキャンプと

大手カーリースサイト6社を徹底比較!1番お得でおすすめなサイトは?

皆さんはカーリースというサービスをご存知ですか?カーリースとは車のサブスクリプションのようなもので、車を購入するわけではなく月額を支払って利用するというサービスです。この記事では、カーリースがおすすめ

miniで行くキャンプ体験!楽しさやデメリットを紹介

miniには根強いファンが多く、「ずっとminiに乗っている」というオーナーも少なくありません。本記事では、miniでのキャンプの楽しさやデメリット、実際に乗せる荷物、それぞれのクラスでのSNS上の口

ピックアップトラックのキャンピングカーとは?メリットや維持費について解説!

みなさんはキャンピングカーに種類があることをご存知でしたか?キャンピングカーにはマイクロバスを改造したものや、車の後ろにトレーラーを接続するタイプなどがありますが、この記事では「ピックアップトラック」

車中泊おすすめグッズ15選|カーテンやテーブル、100均で買える便利グッズまで紹介!

自家用車で気軽に旅行できる車中泊は、バンTuber(バンで車中泊をしている様子を動画配信するYouTuberの総称)などの登場からも、人気の高まりが伺えます。 本記事はこれから車中泊を始めてみたい方に

新着中古車情報

【画像提供:カーセンサー 】

トップ > カーライフ > 車中泊おすすめグッズ15選|カーテンやテーブル、100均で買える便利グッズまで紹介!

週間記事ランキング

カテゴリー

話題のキーワード

アルト エブリイワゴン ジムニー スペーシア ハスラー ワゴンR シフォン ステラ プレオ アトレー ウェイク キャスト コペン タフト タント ミラ ムーヴ ピクシス N-BOX N-ONE N-WGN N-VAN S660 キャロル スクラムワゴン フレア フレアクロスオーバー フレアワゴン eK NV100クリッパーリオ デイズ ルークス ラパン ekワゴン ekクロス eKスペース eKクロススペース タウンボックス パジェロミニ オッティ モコ アルトラパン ミラココア ムーヴキャンバス ミラトコット ミライース カプチーノ パレット アトレーワゴン アルトワークス キャストスポーツ ビート セブン160 オートザムAZ-1 トゥデイ ヴィヴィオ キャスト アクティバ スペーシアギア ピクシスメガ エブリイ 軽自動車 ピクシスバン バモス サンバー ハイゼットカーゴ 一括査定 普通車 iQ デイズルークス 廃車買取 中古車買取 車中泊 SUV コンパクトカー ミニバン エクストレイル アウトランダー PHEV CR-V フリード+ シエンタ タンク VOXY セレナ ステップワゴン ピックアップトラック ハイラックス ランドクルーザー70ピックアップ bBオープンデッキ トライトン ストラーダ ダットサン プロシード ファスター ファーゴトラック ロデオ キャンピングカー ハイエース フリード カーリース エルカミーノ ダッジラム ミニクロスオーバー ミニクラブマン ミニコンバーチブル クーパー ミラジーノ オプティ ヴィヴィオビストロ メイフェア ケンジントン クーパー40thアニバーサリー ポールスミス クーペ 2シリーズクーペ 3シリーズクーペ 4シリーズクーペ TT カマロ 86 フェアレディZ GT-R スープラ シルビア コンパクトミニバン ジェイド プレマシー ウィッシュ デリカD3 ノア エスクァイア ヴェルファイア オデッセイ デリカD5 エルグランド アルファード セダン マークX インサイト レガシィB4 アクシオ インプレッサ G4 スカイライン クラウン カムリ GS ES 3シリーズ A8 中古車 クラウンアスリート Cクラス 5シリーズ クラウンロイヤル IS Sクラス LS ステーションワゴン 3シリーズツーリング Cクラスワゴン A4アバント V60 レヴォーグ カローラフィールダー カローラツーリング シャトル レガシィツーリングワゴン ハッチバック ミニ ゴルフ ポロ 1シリーズ Aクラス プリウス リーフ フィット アクア X1 ラングラー Gクラス X3 ハリアー CX-5 XC60 レネゲード 500X UX エクリプスクロス ヴェゼル グッズ アバランチ F-350 240 v40 v70 xc40 xc90 v50 xc70 ヤリスクロス レジェンド アテンザ アクセラ wrx シーマハイブリッド セルシオ チェイサー レジェンド センティア ルーチェ ギャラン デボネア セドリック レパード ラピュタ キックス トッポBJ プリウスα MAZDA6ワゴン C63 E63 C220d C350e C180 3シリーズツーリング カローラレビン シビック ターセル アコード ファミリア オートザム AZ-3 プリメーラ シルバラード mazda3 カローラ シーマ アリスト ジムニーシエラ CX-3 C-HR GRスポーツ ジューク ランドクルーザー エスクード

TOP